山水電気、民事再生法申請(倒産)で上場廃止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年4月2日、元・音響、映像機器メーカーの山水電気【東証1部:6793】が、
東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日に受理されました。

いわゆる倒産です。負債は2011年12月31日時点で約2億4765万円です。

これを受け、東京証券取引所は、山水電気株を2012年5月3日付で上場廃止にすると発表しました。

山水電気は1970年代までは、高級アンプ「SANSUI」のブランドで有名な、名門音響機器メーカーでした。

しかし、2000年代に入ってからは、「2ちゃんねる」や「Yahoo!ファイナンス掲示板」において、クソ株の代表銘柄として個人投資家に知られていました。

いつ倒産しても不思議ではないと見られていた山水電気ですが、親会社の「ザ・グランデ・ホールディングズ・リミテッド(香港)」が2011年5月に倒産状態に陥った影響で、ついに山水電気も倒産となりました。

以下、企業信用調査で有名な帝国データバンクのウェブサイトからの抜粋です。

2012/04/02(月) 音響、映像機器製造
東証1部上場
山水電気株式会社
民事再生法の適用を申請
負債2億4765万円

TDB企業コード:985840202
「東京」 東証1部上場の元・音響、映像機器メーカー、山水電気(株)(資本金53億8215万8621円、渋谷区東2-23-3、代表室越隆氏ほか2名)は、4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 ~~中略~~

 しかし、翌年同社が経営破綻したため、支援会社を模索。その後も、紆余曲折を経て、香港のグランデ・グループと91年9月から関係を結び、2001年11月28日から実質的にグランデ・グループの傘下となっていた。同グループの傘下に入ってからは、財政的、人的な支援を受けて財務面は改善したが、営業損益段階での欠損計上が続いていたため、監査法人からは継続企業の前提に関する重要な疑義が注記されていた。

 こうしたなか、2010年12月期より、音響、映像機器事業を休止するなど事業規模を縮小し、再建を目指していたものの、グループの中枢をなす親会社のザ・グランデ・ホールディングズ・リミテッド(香港)が2011年5月11日付で香港高等裁判所により、暫定清算人が任命されて、事実上の倒産状態となった。このため親会社からの資金支援が困難となったほか、グランデ・グループに対する債権の取立不能又は取立遅延の恐れが生じたことによる貸倒引当金繰入額54億8624万円を特損計上し、債務超過に転落していた。

 その後も、別途、ザ・グランデ・ホールディングズ・リミテッド(香港)の親会社グループからの融資や別の手段による外部機関からの資金調達を模索したものの、契約に至らず、2011年12月期の計算書類に対する監査法人からの意見表明も受領できぬほか、定時株主総会も延期していた。

さて、私は上場企業が倒産すると、必ず会社四季報を見ることにしています。「会社四季報で倒産した企業のページを見ること」を何回も繰り返していくうちに、どういった財務内容の企業が危ないのか感覚的に判ってくるからです。

(ここ数年、山水電気の財務状況の悪さは、個人投資家の間でも有名だったので、いまさら四季報で財務状況を調べるまでもないかもしれませんが、いちおう確認しておきます)

四季報で山水電気の「2011年12月期の本決算」を見るに、山水電気は総資産2600万円しかありません。しかも、自己資本(株主持分)が-2億4200万円となっています。東証1部銘柄としては、ものすごい数値です。1億円にも満たない、こんなに少ない総資産はなかなかお目にかかれません。

有利子負債は2億2600万円と、総資産に対して大きな数字となっています。

利益剰余金は-30億4600万円となっています。利益剰余金がマイナスになっているのは、倒産する会社にありがちです。

四季報に載っている営業キャッシュフローは-1億9300万円となっています。これは悪い数字です。

また、同時期の投資キャッシュフローは「- (表記なし)」となっています。

そして、同時期の財務キャッシュフローは-1億8300万円となっています。

このように財務状況は非常に悪かったため、山水電気には継続企業の前提に関する重要な疑義が付いていました。

やはり、「継続企業の前提に関する重要な疑義」が付いている銘柄は、買わない方が無難でしょう。

なお、2012年度の上場企業の倒産は、下記のようになっています。 

▼2012年度 倒産上場企業の一覧

会社名 証券取引所と証券コード 倒産の形態 倒産時の負債 倒産の日付
(2012年)
上場廃止日
(2012年)
エルピーダメモリ 東証1部:6665 会社更生 2011年3月末で約4480億3300万円 2月27日 3月28日
山水電気 東証1部:6793 民事再生 2011年12月31日時点で約2億4765万円 4月2日 5月3日

今年に入っての上場企業の倒産は、エルピーダメモリに次いで山水電気が2社目です。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする