SBI証券、大口信用取引の信用取引手数料を無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【以下の内容は、2012年9月26日現在の情報です】

SBI証券が 2012年10月1日から大口の信用取引の信用取引手数料を無料化すると発表しました。

以下(1)(2)いずれかの条件を満たした場合、判定日の翌営業日の信用取引の手数料が無料になります。

  1. 信用取引の未決済建玉金額合計が5,000万円以上
  2. 信用取引の当日約定分の新規建(買建・売建)約定代金合計が5,000万円以上

まず、(1)ですが、5000万円以上の建玉を保有しているユーザーは、翌営業日の信用取引の手数料が無料になります。

(2)ですが、買建玉でも売建玉でもよいので、1日のうちに合計で5000万円以上の新規建約定を行ったユーザーは、翌営業日の信用取引の手数料が無料になります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~

大口信用取引 翌営業日の正規手数料が0円に!

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_01.gif

2012/10/1(月)より、現在実施中の「大口信用取引 大感謝祭!キャンペーン」を恒常化し、条件を満たされたお客様の、翌営業日約定分の信用取引手数料を0円とさせていただきます。

これにより、今までキャンペーンでキャッシュバック金額が雑所得となり、総合課税対象となっていた方も、資金効率が高いお取引を行っていただけるようになります!

 ~~中略~~

概要

信用取引の取引状況等が、下記条件を満たされたお客様は、判定日の翌営業日約定分の信用取引のインターネット取引手数料が無料となります。 (2012/10/1(月)約定分より適用)

※信用取引における無料条件適用判定は、毎営業日大引後のバッチ処理で実施いたします。

対象者 インターネットコース(スタンダードプラン・アクティブプラン)のお客様
適用条件

以下(1)(2)いずれかの条件を満たした場合

(1)信用取引の未決済建玉金額合計が5,000万円以上
※反対売買による決済約定済建玉、現引・現渡による決済約定済建玉は含まれません。

(2)信用取引の当日約定分の新規建(買建・売建)約定代金合計が5,000万円以上

※新規建された建玉を同日に日計り決済した場合においても、新規建分の約定代金については新規建約定代金に含め計算いたします。

手数料 判定日の翌営業日約定分の信用取引手数料が0円 ※
お知らせ方法 条件を満たされたお客様には、ログイン後の当社WEBサイト「ホーム TOP」画面、「口座サマリー」画面、「ポートフォリオ」画面、メッセージボックスにお送りする「当社からのお知らせ」でご連絡いたします。また、HYPER SBIにも表示いたします。

※期日到来による強制返済や、追加保証金未入金に伴う強制返済など、強制返済の結果、約定した取引につきましては、手数料無料の対象とはなりません。

※取引手数料が無料となるのは、約定時点となります。

※新規注文発注時にコールセンター経由で発注されたご注文は、その後インターネット経由で訂正されたご注文であっても、コールセンター取引手数料が適用されるため、手数料無料の対象とはなりません。

※ダイレクトコース/対面コース/IFAコースのお客様は、手数料無料条件適用対象外となります。

※手数料や条件等は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。

主要ネット証券※1の信用大口手数料比較

1注文の約定代金にかかる手数料の比較です。

前営業日の新規建約定代金合計または前営業日の信用建玉金額合計が5,000万円以上で、約定代金に係わらず手数料が0円になるのはSBI証券だけ!

SBI
カブドットコム
楽天
マネックス
松井
約定金額
5,000万円以上
※2
5,000万円以上
6,000万円未満
※2
6,000万円以上
※2
10万円以下
0円
338円
0円
262円
105円
0円
20万円以下
189円
315円
30万円以下
262円
40万円以下
472円
367円
525円
50万円以下
472円
100万円以下
558円
1,575円
※3
1,050円
200万円以下
690円
約定金額の0.1575%
※3
2,100円
500万円以下
808円
100万円増えるごとに1,050円加算1億円超105,000円(上限)
500万円超え
882円

※1 「主要ネット証券」とはSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します

※2 前営業日の新規建約定代金合計または前営業日の信用建玉金額合計

※3 指値注文の場合

正規手数料が0円となるメリット

キャンペーンで手数料相当額がキャッシュバックとなる場合のデメリットが解消されます!

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_05.gif

SBI証券の信用取引に便利なツール・サービス

信用シミュレーター

お取引による「信用建余力」や「委託保証金率」などの変化を、予めシミュレーションすることができるツールです。

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_06.gif

追加保証金等自動振替サービス

追加保証金(追証)等が必要になった場合に、住信SBIネット銀行の代表口座からSBI証券の証券口座に必要な金額を自動的に振り替えることができるサービスです。

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_07.gif

信用取引保証金通知サービス(追証アラート)

夕方の概算値で追加保証金(追証)が発生している場合に、委託保証金の状況を、Eメールにてお知らせするサービスです。

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_08.gif

スマートフォン用アプリ

いつでもどこでも信用取引ができる!スマートフォンに特化し操作性を向上させたアプリケーションで、お取引状況や委託保証金率なども即座にご確認いただけます。

SBI_ohguchi_shinyo_muryo_5000man_20120925_09.gif

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SMBC日興証券、一般信用取引の取り扱い開始 【手数料無料】

楽天証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

GMOクリック証券、制度信用取引の金利を引き下げ 【2.1%】

カブドットコム証券、制度信用取引の買方金利を引き下げ。 大口顧客の金利優遇制度も導入

岡三オンライン証券、制度信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

SBI証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

カブドットコム証券、信用取引における6000万円以上の取引手数料を無料化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする