マネックス証券、日本初のシステムトレード機能付きトレーディングツール「マネックストレーダー」シリーズ提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券が4月を目処に、日本の証券会社で初めてシステムトレード(自動売買)機能が付いたトレーディングツールの提供を開始すると発表しました。

トレーディングツールの名前は「マネックストレーダー」シリーズです。

「マネックストレーダー」シリーズでは機能別に「マネックストレーダー」「マネックストレーダープロ」「マネックストレーダープロα」の3種類が提供されます。

最上位の「マネックストレーダープロα」に、日本株のシステムトレード(自動売買)機能が付きます。

以下、マネックス証券のウェブサイトにあるPDFの発表文から、システムトレード機能についての説明です。

日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツール 「マネックストレーダー」シリーズの提供について

当社の子会社であるマネックス証券株式会社(代表取締役社長CEO 松本 大)は、 2007年4月を目処に、日本の証券会社で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに日本株のシステムトレード(自動売買)機能が付いた「マネックストレーダープロα」を含む「マネックストレーダー」シリーズの提供を開始いたしますので、お知らせします。

本シリーズでは、株式取引のビギナーからプロフェッショナルまでの様々なニーズに対応できるよう、「マネックストレーダー」、「マネックストレーダープロ」、「マネックストレーダープロα」の3種類のリアルタイム・トレーディングツールをご提供いたします。

最上位の「マネックストレーダープロα」には、本格的なシステムトレード機能を搭載し、個人投資家が自らの投資アイディアをプログラミングすることができます。

~~~中略~~~

■ 日本初!システムトレード機能 (マネックストレーダープロαのみ)
日本で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに、日本株のシステムトレード機能を実装しました。独自のプログラミング言語でプログラミングすることにより、プロ並みのシステムトレード(自動売買)を可能にしました。お客様の投資戦略を過去のデータを使ってシミュレーションした上で自動売買に用いることが可能です。また、標準搭載されている約80種類のプログラムストラテジー(売買ロジック)を選択したり、組み合わせたりすることもできます。

▼「マネックストレーダー」シリーズの機能は以下の通り。

  1. 日本初のシステムトレード機能(マネックストレーダープロαのみ)
  2. 「ダブルクリック注文」「ロケット注文」「バスケット注文」などの多様な注文方法
  3. リアルタイム・テクニカル検索機能(マネックストレーダープロ、プロαのみ)
  4. オリジナル・ランキング表示機能
  5. マネックスナイター対応

なお、マネックス証券ウェブサイトでの発表は今のところPDFのものしかありません。PDFを開くのが面倒な方は、下記のリンク先の電通国際情報サービス社のウェブサイトをクリックして下さい↓

マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付き
リアルタイム・トレーディングツール『マネックストレーダー』シリーズを構築

マネックストレーダーは電通国際情報サービスが開発したものであり、このページにマネックストレーダーの詳細な解説が載っています。「ロケット注文」とは耳慣れない言葉ですが、このページに解説が載っていました。「ロケット注文」とはマウスを使わずにキーボード(テンキー)のみで発注できる機能のようです。

他にも色々な機能がありますが、何といっても注目なのは「自動売買機能」ですね。発表文の「個人投資家が自らの投資アイディアをプログラミングすることができます」という部分が非常に気になります。

また、「マネックストレーダープロ」および「マネックス トレーダープロα」は有料とのことですが、既存のマーケットライダープレミアムとどれくらい使用料が変わってくるのかも気になるところです。

マネックス証券がマネックストレーダーについて続報を出したら、また当サイトで報告したいと思います。

最後にマネックス証券のPDFから発表文を抜粋しておきます↓

平成19年3月2日
各 位

マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社
代表取締役社長CEO 松本 大
(コード番号 8698 東証第一部)

日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツール 「マネックストレーダー」シリーズの提供について

当社の子会社であるマネックス証券株式会社(代表取締役社長CEO 松本 大)は、 2007年4月を目処に、日本の証券会社で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに日本株のシステムトレード(自動売買)機能が付いた「マネックストレーダープロα」を含む「マネックストレーダー」シリーズの提供を開始いたしますので、お知らせします。

本シリーズでは、株式取引のビギナーからプロフェッショナルまでの様々なニーズに対応できるよう、「マネックストレーダー」、「マネックストレーダープロ」、「マネックストレーダープロα」の3種類のリアルタイム・トレーディングツールをご提供いたします。

最上位の「マネックストレーダープロα」には、本格的なシステムトレード機能を搭載し、個人投資家が自らの投資アイディアをプログラミングすることができます。

なお、「マネックストレーダー」は無料、「マネックストレーダープロ」および「マネックス トレーダープロα」は有料での提供を予定しております。

以 上

本リアルタイム・トレーディングツールは、株式会社電通国際情報サービス(東京都港区、 代表取締役社長 水野紘一)がシステム開発いたしました。また、システムトレード機能については、韓国において実績のあるYesStock Inc.(代表者Jooh Dokko)のシステムを採用しています。

【お問合せ先】
マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション室 担当 金井・久保田 電話 03-6212-3750

【ご参考】<主なサービス内容・特徴>
■ 日本初!システムトレード機能 (マネックストレーダープロαのみ)
日本で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに、日本株のシステムトレード機能を実装しました。独自のプログラミング言語でプログラミングすることにより、プロ並みのシステムトレード(自動売買)を可能にしました。お客様の投資戦略を過去のデータを使ってシミュレーションした上で自動売買に用いることが可能です。また、標準搭載されている約80種類のプログラムストラテジー(売買ロジック)を選択したり、組み合わせたりすることもできます。

■ 多様な注文方法
お客様の経験、好みに応じて、注文方法を選択することができます。

「ダブルクリック注文」
株数、条件などを事前に入力しておくと、リアルタイムで自動更新される板情報画面上の価格をダブルクリックするだけで、発注できます。

「ロケット注文」
プロのトレーダーが使用しているトレーディングツールと同様に、キーボード(テンキー)のみで発注できます。

「バスケット注文」
複数銘柄をバスケットにし、バスケットごとに同時に指値設定したり、発注・注文訂正・取消することができます。

■ オリジナル・トレーディングツール
任意の画面を組み合わせたり、音声ファイル、画面の色、フォントなど様々な設定を変えたり、お客様の投資スタイルに合った画面表示が可能です。また、ほとんどの設定ファイルが、読み込み・保存可能で、お客様同士で設定データを交換することができます。

■ リアルタイム・テクニカル検索機能 (マネックストレーダープロ、プロαのみ)
テクニカル指標(約100種類)を組み合わせ、日本の株式市場で取引されている4,000以上の銘柄から、投資条件に合致した銘柄をリアルタイムで検索できます。

■ オリジナル・ランキング表示機能
マネックス証券のオリジナル・ランキング(例:10分前からの値上率/値下率、直近1分間における出来高急増、寄り前の値上率/値下率ランキング等)を表示します。

■ マネックスナイター対応
マネックストレーダーシリーズは、マネックスナイター(私設取引システム)にも対応 しています。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする