SBI証券ではVTなど9銘柄の米国ETFの買付手数料が無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

SBI証券の米国株取引サービスでは、下記の9つの米国ETFの買付手数料が無料となっています。

  1. バンガード トータル ワールド ストックETF (ティッカーコードVT)
  2. バンガード S&P 500 ETF (VOO)
  3. バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)
  4. iシェアーズ S&P 500 ETF (IVV)
  5. SPDR S&P 500 ETF トラスト (SPY)
  6. ウィズダムツリー インド株収益ファンド (EPI)
  7. ウィズダムツリー米国株高配当ファンド (DHS)
  8. ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド (DLN)
  9. ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長 (DGRW)

SBI証券、米国ETF(9銘柄)の買付手数料無料化の対象銘柄より

米国株に投資をしている人の中には、信託報酬が非常に安いVTやVOOといった株価指数連動型のETFに興味がある方もいるはずです。

実はVTやVOOの買付手数料が無料の証券会社は、SBI証券以外にもあります。

しかし、SBI証券の米国株取引サービスには、同社ならではのメリットが一つあります。

アメリカの株式市場に上場しているVTやVOOを買うには米ドルが必要ですが、SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を両方持っている人は、1米ドルあたり4銭という低コストな為替手数料で、日本円を米ドルに替えることが可能です。

証券会社でETFを買うために米ドルを調達するには、通常1米ドルあたり25銭の為替手数料がかかります。1米ドルあたり4銭というのは、通常よりかなり安い手数料です。

為替コストが安い上に、ETFを買い付ける手数料が無料なので、無料対象になっているSBI証券が指定する9銘柄に関しては、トータルで見て非常に安いコストで、ETFを手に入れることが可能なわけです。

▼関連記事

SBI証券の信用取引では国内ETFやREITの取引手数料が無料

SBI証券では約100銘柄の国内ETFの現物株売買の手数料が無料

SBI証券の夜間PTSが取引時間を拡大

SBI証券は郵送のやり取りなしで口座開設が可能

「SBI証券 株」アプリではスピード注文機能が使える

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。。2020年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、株取引と日経225先物の手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2020年10月31日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が500万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年2月末時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする