岡三オンライン証券、日経225先物取引のシステムをリニューアル【リレー注文など追加】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券が 2013年8月18日に、自社の日経225先物・オプション取引のシステムをリニューアルすると発表しました。

リニューアルに伴い8月18日から、日経225先物取引や日経225miniの取引において、下記の発注方法が利用できるようになります。

  1. 最初に発注した注文が約定すると、次の注文を自動的に発注してくれる「リレー注文」
  2. 全決済注文・・・すべての建玉をワンクリックで一括して注文できる

また、2013年9月中旬から、下記の発注方法も使えるようになる予定です。

  1. 新規/決済区分を指定せずに、売り買いのみで取引が可能なオートネッティング注文
  2. 指定した時間に成行注文指値注文を発注できる「時間指定注文」。時間指定注文では、「寄り付き」や「引け」などの時間を指定して発注ができます

そして、2013年9月中旬から、TOPIX先物やTOPIXオプション、NYダウ先物、REIT指数先物など、取引できる商品が増加する予定となっています。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

先物・オプション システムリニューアル岡三オンライン証券

okasan_sakimono_renewal_20130801_001.jpg

新取引システムの特徴

便利な機能が追加され、先物・オプション取引がさらにパワーアップ!

Point 1 翌日以降も有効な期間指定注文に対応

okasan_sakimono_renewal_20130801_002.jpg

これまで注文の有効期限は「当セッション」のみの対応となっておりましたが、週末まで設定できる「週中注文」や、指定した日付まで設定できる「指定日注文」に新たに対応!

これで毎日注文を入れ直す手間から解放されます。

Point 2 投資対象が増えてさらにチャンス!

okasan_sakimono_renewal_20130801_003.jpg

TOPIX先物やTOPIXオプション、NYダウ先物、REIT指数先物など、お取引できる商品が大幅に増加!さらに投資チャンスが広がります!

※2013年9月中旬に新商品が追加される予定です

Point 3 ポートフォリオ機能が追加!

okasan_sakimono_renewal_20130801_004.jpg

ポートフォリオ機能により、建玉、注文、バスケット注文を任意でグループ分けして管理・表示することが可能になります!

その他にも便利な機能が満載!

▼オートネッティング注文

okasan_sakimono_renewal_20130801_005.jpg

新規/決済区分を指定せずに、売り買いのみで取引が可能なオートネッティング注文に対応!素早く取引を行いたい方に最適です。

※2013年9月中旬に機能追加

▼リレー注文

okasan_sakimono_renewal_20130801_006.jpg

最初に発注した注文が約定すると、次の注文を自動的に発注してくれる優れもの。「リレー注文」が新たに加わりました!もちろん、別の銘柄にもリレーできます。

▼時間指定注文

okasan_sakimono_renewal_20130801_007.jpg

指定した時間に「成行注文」や「指値注文」を発注できる「時間指定注文」を搭載。「寄り付き」や「引け」などの時間を指定して発注できます!

※2013年9月中旬に機能追加

▼全決済注文

okasan_sakimono_renewal_20130801_008.jpg

すべての建玉をワンクリックで一括して注文を出します。相場が思惑と反対方向に急変した場合に重宝される機能です!

今後も機能拡充!システムリニューアルのスケジュールはこちら【PDF】


一部機能については、2013年9月中旬に実装される予定ですので、あらかじめご了承ください。

~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

岡三オンライン証券、書籍「アベノ 爆騰株 ガチ勝ち! 130銘柄」プレゼントキャンペーン実施

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」の適用基準を変更

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」「プラチナ」の適用期間を改定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする