マネックス証券、単元未満株取引サービス「ワン株」開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.3.10 Last Update!

(ワン株の2010年5月1日以降の手数料が発表されたので、このページを更新しました)

マネックス証券には「株式ミニ投資(ミニ株)」というサービスがありました。ミニ株とは、マネックス証券の単元未満株取引の商品名です。

単元未満株とは、証券取引所で決められた最低取引単位(1単元)に満たない株のことです。通常、単元未満株(端株)は取引できません。しかし、その単元未満株を取引できるようにした金融商品がミニ株です。

任天堂株を例に挙げましょう。任天堂株は、通常1単元100株からしか売買できません。ミニ株なら、十分の一の10株から売買できます。

任天堂の株価が仮に2万円だとすると、通常は1単元が100株なので買付けに200万円の資金が必要です。しかし、ミニ株なら10株の20万円から買うことができます。

さて、このミニ株のサービスが3月8日に終了し、新しい単元未満株取引サービス「ワン株」に移行となりました。

ミニ株ではマネックスが指定する約600銘柄しか取引ができませんでしたが、「ワン株」ではほぼ全ての上場銘柄が取引可能となっています。

また、ミニ株では売買単位は通常の10分の1となっていました。例えば任天堂株をミニ株で取引できるのは、十分の一の10株からです。

これが「ワン株」では1株から売買可能になりました。

なお、「ワン株」の手数料は、2010年4月末までキャンペーンで、約定金額の0.525%(最低手数料50円、上限500円)となっています。

5月1日以降の手数料は約定金額の1.05%(最低手数料 52円)です。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1株からの株式投資。「ワン株」(新単元未満株)始まります

2010年3月8日(月)約定分より新しい単元未満株取引サービス「ワン株」のサービスを開始いたします。 「ワン株」は、ほぼ全取引所の国内株(売買単位が1株の銘柄を除く)を1株から売買いただける単元未満株売買サービスです。

なお、「ワン株」のサービス開始に伴い、従来提供しておりました「株式ミニ投資」(以下、「ミニ株」と言います)は残高を「ワン株」に振替えた上で、サービスを終了させていただきます。また、「ワン株」への振替などの手続きのため、3月3日から3月5日にかけて「ミニ株」の売買を制限させていただきますのでご了承ください。

また、現在の単元未満株取引は3月8日以降、「ワン株」取引として継続されます。

※本最新情報での手数料表記はすべて税込みです。

▼ワン株の取引手数料

サービス開始を記念して、2010年4月末までの間、「ワン株」の手数料は業界最低水準の0.525%(最低手数料50円)とします。また、同期間はインターネット経由の注文につき、上限手数料を500円とします。 キャンペーン期間中は、「株式ミニ投資」の手数料(1約定につき500円)より有利にお取引きいただけます。

  ~~~中略~~~

▼ワン株のサービス概要

ワン株を利用すれば、業界最低水準の手数料(従来の単元未満株手数料の半額)で、ほぼ全ての銘柄を1株から売買できる(ミニ株の約5倍の取扱銘柄数)など、少額での株式投資が従来より大幅に便利になります。なお、以下の表において、手数料は上記のキャンペーン手数料を表示しています。

■ 「ミニ株」と現在の「単元未満株」、「ワン株」サービスの比較

ワン株 - マネックス証券

※1 コールセンター手数料など詳細についてはサービス開始時に発表いたします。

※2 札証・福証上場銘柄は売却のみです。札証アンビシャス・福証Q-BOARD上場銘柄の売買は取扱いません。(それぞれ2009年12月の告知時から変更しています)株式以外の有価証券(REIT、ETFなど)、外国株、監理銘柄・整理銘柄などは原則として取扱いません。詳細はサービス開始時に発表いたします。

※3 単元未満株買取請求書による売却手続きは一般口座扱いとなります。

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

~~~以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

ワン株(単元未満株)とは

■ ワン株手数料

インターネット手数料 コールセンター手数料
ワン株手数料 約定金額の1.05%
(最低手数料 52円)
約定金額の2.1%
(最低手数料 105円)
「ワン株」
キャンペーン手数料
約定金額の0.525%
(最低手数料 50円)
上限500円
約定金額の1.05%
(最低手数料 105円)

■ ワン株取引に係る手数料例(インターネットの場合)

手数料率も最低手数料も業界最低水準の「ワン株」なら少額での投資がカンタンです。

T自動車(3,500円)を10株取引したときの手数料

→ 3,500 × 10 = 35,000(約定代金) 35,000円 × 0.525% = 183円

S電機(3,000円)を3株取引したときの手数料

→ 3,000 × 3 = 9,000(約定代金) 約定代金9,713円以下 50円(最低手数料)

※2010年4月30日取引分まで実施のキャンペーン手数料で計算しています。

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

マネックスのミニ株のサービスが2010年3月8日に終了し、「ワン株」に移行したので、後日、当サイトの「ミニ株とは (株式用語解説)」という記事を更新する予定です。

▼関連記事 単元未満株取引サービスの解説

ミニ株とは (株式用語解説)

プチ株とは (株式用語解説)

S株とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする