SBI証券が米国リアルタイム株価の月額料金を330円に値下げ。条件を満たせば無料も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

SBI証券が2021年7月2日から米国リアルタイム株価の利用料金を月額330円(税込)に値下げしました。

また、インターネット経由の注文で米国株式の売買の約定が1回以上あった人が、米国リアルタイム株価の利用を申し込むと、申込みから1ヵ月(31日間) 利用料金が無料になります。

ただし、以下の約定では米国リアルタイム株価の利用料金は無料になりません。

SBI証券の米国株取引ですが、リアルタイム株価サービスに対して無課金だと15分遅れの株価が画面に表示されます。

やはり米国株を売買するときはリアルタイム株価が見れた方が便利なので、今回の価格改定をきっかけにリアルタイム株価サービスを試してみたい人もいることでしょう。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

米国リアルタイム株価が無料で利用可能に!(2021/7/1~)

お客さまからのご要望にお答えし、2021/7/1(木)(予定)現地約定分のお取引から、無料条件を達成したお客さまは米国リアルタイム株価(NYSE/NYSE Arca/NASDAQリアルタイム株価・チャート)を無料でお申し込みできるようになります。

2021/7/1(木)現地約定のお取引があったお客さまは、2021/7/2(金)21時ごろより無料でお申込み可能となります。

さらに、2021/7/2(金)夜間(21時ごろ)より有料購入する場合の利用料を値下げいたします。

米国リアルタイム株価を利用するとリアルタイムの株価を確認することができるようになります。米国リアルタイム株価は、WEBサイトだけでなく米国株アプリでも利用可能です。

 ~~中略~~

■条件達成で米国リアルタイム株価が無料で利用できる

無料条件を達成された国内約定日の夜間(21時ごろ)より、米国リアルタイム株価を無料でお申し込みいただけるようになります。

利用のお申込みから1カ月(31日間)無料でご利用いただけます。

条件を達成されたお客さまには国内約定日夜間に当社WEBサイトログイン後のメッセージボックス「重要なお知らせ」でお知らせいたします。すでに米国リアルタイム株価利用中のお客さま、無料申込可能期間内のお客さまにはメッセージは送信されません。

■無料条件

無料条件

【条件達成のお取引】

インターネット経由の注文で米国株式(米国ETF含む)の売買の約定が1回以上あること

ただし、以下の場合は無料条件の対象外となりますのでご留意ください。

【無料条件対象外のお取引】
・米国ETFのNISA口座・ジュニアNISA口座(特定/一般預り、NISA預り)の買付約定
・買付手数料無料の米国ETF(9銘柄)の買付約定
・米国株式・ETF定期買付サービスによる約定

無料期間

お申込みから1ヵ月(31日間)

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

米国株の取引ができるネット証券3社の比較

マネックス証券では米ドルの買付時の為替手数料が無料 (米国株取引用)

楽天証券の米国株取引で逆指値注文が使用可能になります

SBI証券、米国株の最低取引手数料を無料に引き下げ

SBI証券ではVTなど9銘柄の米国ETFの買付手数料が無料

SBI証券の米国株取引で逆指値注文が使えます

SBI証券、米国株のテーマ・キーワード検索サービスを開始

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定100万円以下の手数料を無料化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする