楽天証券、ETFS社の貴金属ETF5銘柄取扱開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が11月16日からETFセキュリティーズ社(略称:ETFS社)が運用している「貴金属ETF」5銘柄の取り扱いを開始すると発表しました。

金、銀、プラチナ、パラジウム、貴金属バスケットのそれぞれの価格に連動するETFとなっています。

下記の5銘柄になります。以下、NSJ日本証券新聞ネットからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




















































貴金属ETFの信託報酬、株価との相関係数など
銘柄名 コード 信託

報酬
日経平均との

相関係数
ダウ平均との

相関係数
ETFS金上場投信(金ETF)
1672 0.39% 0.09 ▼0.09
ETFS銀上場投信(銀ETF)
1673 0.49% 0.11 ▼0.06
ETFS白金上場投資信託

(プラチナETF)
1674 0.49% 0.17 0.03
ETFSパラジウム上場投信

(パラジウムETF)
1675 0.49% 0.13 0.07
ETFS貴金属バスケット上場投信

(貴金属バスケットETF)
1676 0.43% 0.12 ▼0.02
(注)相関係数は2 つの確率変数の間の強弱を示す指標。マイナス1からプラス1で表され、プラス1に近いときは2 つの確率変数には正の相関があるといい、マイナス1に近ければ負の相関があるという。上記の貴金属ETFのように、0 に近いときの確率変数の相関は弱い(ほぼ無相関)。出所:ETFセキュリティーズ

~~~以上、NSJ日本証券新聞ネットからの抜粋~~~

上記の5銘柄のETFですが、普通のETFと異なる点が多数あります。

1・売却益が非課税

通常のETFの場合、2009年~2011年の間は売買で利益が出た場合、売却益の10%が課税されて、手元には90%が残ります。

しかし、上記の5銘柄のETFは、売買で利益が出た場合でも税金がかかりません。今回の貴金属ETF5銘柄は 、投資信託法第220条の「外国投資法人の発行する投資法人債券に類する証券」に該当し、個人が取引をする場合、債券譲渡益は非課税となるため、売却益に課税がないのです。

2・外国証券取引口座の開設が必要です。

ETFS社の貴金属ETF5銘柄は 、「外国投資法人の発行する投資法人債券に類する証券」に該当するため、取引をするのに外国証券取引口座の開設が必要です。

3・信用取引、代用の評価対象とはなりません。

通常のETFは、信用取引の担保として使えますが、ETFS社の貴金属ETF5銘柄は信用取引の担保として使えません。

4・特定口座が使えません

特定口座(日本株)の対象となりませんから、一般口座(日本株)のみの取扱いとなります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【11/16(月)】国内初!売却益が非課税!貴金属ETF5銘柄取扱開始!

楽天証券では、お客さまからの多くのリクエストをいただいた国内ETFの下記5銘柄につきまして、11月16日(月)約定分(注文受付時間:11月14日(土)18時00分より、すべてのチャネルで注文を承ります。なお、手数料は国内株式手数料を適用いたします。

▼貴金属ETF5銘柄の概要
















































銘柄

コード
銘柄名 略称 売買単位

(口)
対象指標
1672 ETFS金上場投信 金ETF 1
1673 ETFS銀上場投信 銀ETF 10
1674 ETFS白金上場投信 プラチナETF 1 白金
1675 ETFSパラジウム上場投信 パラジETF 10 パラジウム
1676 ETFS貴金属バスケット上場投信 キンゾクETF 1 貴金属バスケット

(金、銀、白金、パラジウム)

▼貴金属ETF5銘柄の取引方法








































取引方法 国内株式と同様にお取引いただけます。指値、成行注文の指定も承ります。
手数料 国内株式手数料と同じです。
注文受付予定日時 11月14日(土)18時00分から注文を承ります。(予定)
注文受付時間 国内株式と同じです。
取引チャネル web、MS、iSPEED、iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb、PDA、電話、カスタマーセンター
受渡日 国内株式と同じです。
営業期間 毎年1月1日から12月31日
分配金支払基準日 分配金の支払いなし、利子の支払いなし
その他のご注意

  • 特定口座(日本株)の対象となりませんので、一般口座(日本株)のみの取扱いとなります。

  • ※売買代金の受渡や配当金のお支払いはすべて円貨でおこなわれます。

  • ※信用取引、代用の評価対象とはなりません。

  • ※外国証券取引口座の開設が必要です。

▼売却益は非課税!

従来の国内ETFは、上場株式などと同様に課税対象となっておりますが、今回の貴金属ETF5銘柄につきましては 、投資信託法第220条の「外国投資法人の発行する投資法人債券に類する証券」に該当し、個人が取引をなさる場合、債券譲渡益は非課税となるため、売却益には課税されません。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

ETFS社の貴金属ETF5銘柄は、上記のように特殊なETFとなっています。売却益が出ても税金がかからないのが、このETFの魅力ですが、どの銘柄も売買高が少ないので値動きが荒いのが難点です。

特に「ETFS白金」・「ETFSパラジウム」・「ETFS貴金属バスケット」の売買高はかなり少ないので、注意が必要です。

▼関連記事

楽天証券とSBI証券、約47カ国に投資できる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の取扱い開始

WTI原油価格に連動するETFが上場

マネックス、米国株&米国ETFの銘柄追加 ウォーレン・バフェットの会社にも投資が可能に

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする