松井証券、不稼動証券口座のうち11140口座を閉鎖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月6日、松井証券が2008年12月の月間売買実績・口座数等(速報値)を発表しました。

この発表の中で、松井証券は、2008年12月に不稼動口座のうち11,140口座を閉鎖したと述べています。長い間使われていなかった証券口座のうち11,140件を抹消したということです。

また、カブドットコム証券も2008年12月に不稼動口座459口座を抹消したと発表しています。

昨年、当サイトの「証券会社からの口座閉鎖通知を防止する方法」という記事でも書きましたが、普通、証券会社の口座を残高が0円で数年間放置しておくと「口座の解約に関する連絡」が電話か文書で来ます。

ネット証券には無料で利用できる情報ツールがあるので、口座閉鎖はなるべく避けた方がいいでしょう。

例えば、丸三証券や楽天証券などは口座を持っているだけで、無料で日経テレコン21などの情報ツールを利用することができます。

普段これらの証券会社で株取引は行わないけれど、永続的に情報ツールを利用したいという方は、口座解約を避けるために、わずかでも現金を入金しておくべきでしょう。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする