マネックス・SBI・楽天証券、バンガードETF3銘柄追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月から楽天証券マネックス証券SBI証券で新たにバンガード・グループが運用する下記のETF3銘柄の取引ができるようになります。
























 【ティッカー】

銘柄名
特色 上場市場
【VGK】

VANGUARD EUROPEAN ETF

[バンガード ヨーロピアン]






















ベンチマーク :  MSCI ヨーロッパインデックス
ヨーロッパ(英国・フランス・ドイツ・スイス等)の株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指します。
管理報酬等 : 年率0.12%
NYSE

Arca
【VPL】

VANGUARD PACIFIC ETF

[バンガード パシフィック]






















ベンチマーク :  MSCI パシフィックインデックス
太平洋諸国の株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指します。
管理報酬等 : 年率0.12%
NYSE

Arca
【VWO】

VANGUARD EMERGING MARKET ETF

[バンガード エマージングマーケット]






















ベンチマーク :  MSCI エマージングマーケットインデックス
新興国計27ヶ国(ブラジル・中国・韓国・台湾・ロシア等)の株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指します。
管理報酬等 : 年率0.25%
NYSE

Arca

これらのETFは楽天証券とマネックス証券ではすでに取引可能で、SBI証券は11月19日から取引開始となっています。

どのETFも管理報酬費(いわゆる信託報酬)が安いのが特徴です。

管理報酬費が安いので、新興国市場への投資を考えている投資家にとって、VWOは選択肢の一つになるのではないでしょうか。

▼参考 マネックスのウェブサイトからの抜粋

“バンガード・グループ”について

バンガード・グループはペンシルベニア州バレーフォージに本社を置く世界最大級の運用会社で約1兆3,000億ドルものミューチュアルファンドを運用しています。

米国内の投資家向けに提供している150以上のミューチュアルファンドに加え、米国以外の投資家向けに50以上のファンドを提供しています。(2008年4月30日現在)

バンガード・ファンドの平均エクスペンスレシオ(平均純資産に対する運用その他の経費比率)は2007年中の業界平均1.22%に対して0.20%となっています。

(以上、バンガード・グループ調べ)

▼関連記事

楽天証券とマネックス、バンガード運用の米国ETF2銘柄の取り扱い開始

マネックス証券、アメリカ株や米国上場ETFの取扱いを8月12日から開始

米国株を買えるネット証券3社の比較

米国株式(Google グーグル)を10株買いました

ブラジル株式のADRを買いました (リオ・ドセのADRを購入)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする