DMM株が口座開設で株取引の手数料無料キャンペーン実施中【3ヶ月無料】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

突然ですが皆さん、DMM FXというFX取引サービスをご存じでしょうか? 日本国内で個人投資家の口座開設数がとても多いFX取引会社として有名です。

このブログの読者の方の中には、ローラさんを起用しているDMM FXのCMを、テレビで見たことがある方がいるかもしれませんね。

DMM FXを運営しているのは「DMM.com証券」という会社です。このDMM.com証券が2018年4月より国内株式のオンライントレードサービスを提供開始しています。サービス名はDMM 株です。

この「DMM 株」では、11月9日から新しい口座開設キャンペーンを実施しています。口座開設を完了させると、3ヶ月間、国内株式と米国株式の取引手数料が無料となるキャンペーンです。

キャンペーン期間中は、国内株式の現物株取引信用取引も両方とも手数料が無料となります。また、米国株式の現物株取引の手数料が無料となります。new!

ただし、米国株取引の為替手数料は無料にならないので、その点は注意してください。

以下、DMM 株のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

特典・キャンペーン > 取引手数料無料

口座開設特典の流れ

特典について

※ 口座開設後、世帯主情報と内部者関連情報の入力が完了した日から3ヶ月間、国内株式・米国株式取引手数料が無料

■11月19日に口座開設手続きが完了し、11月21日に世帯主情報と内部者関連情報の登録が完了した場合の手数料無料適用期間

手数料無料に関する注意事項
※ 口座開設完了日から3ヶ月間、国内株式および米国株式の取引手数料が無料です。

※ 国内・米国株式の現物取引および信用取引が対象となります。

※ 米国株手数料無料期間は、現地約定日基準です。

※ 信用取引にかかる諸経費(金利、貸株料、逆日歩等)は別途発生します。

※ 為替手数料は別途発生します。

※ 口座開設完了日はマイページで登録必須項目(内部者情報など)の入力が完了した日です。

※ 口座解約後に再度新規口座開設された場合は対象外となります。

※ 特典の内容および適用条件は、予告なく変更する場合があります。

~~以上、DMM 株のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、現在DMM株 以外に株式の取引手数料無料キャンペーンを実施している会社が数社あります。

ライブスター証券立花証券のタチバナストックハウスDMM 株丸三証券」とうまく乗り継いでいけば、約7ヶ月の間、株取引の手数料を無料にすることが可能です。

なぜ、この順番に開設するかというと、DMM株と丸三証券のキャンペーンは終了日が決まっていませんが、ライブスター証券とタチバナストックハウスのキャンペーンは締切日があるからです。

なお、キャンペーンの詳細について詳しく知りたい方は、下記リンク先をクリックかタップしてください。

また、DMM.com証券はDMM FXというFX取引サービスにて、新規にFX口座を開設してFX取引を行うとAmazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。キャンペーンに興味がある方は、下記リンク先のDMM FXのウェブサイトを見てください。

DMM FXのウェブサイト

なお、FXのキャンペーンは検索エンジンで「DMM FX」のページを探して、そこから口座開設をしても、キャンペーンの対象にならないので注意してください。必ず本ページ経由でFX取引口座の開設申込を行ってください。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする