SBI証券、「米国株式 決算速報ニュース」配信開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月6日、SBI証券が「米国株式 決算速報ニュース」の配信を開始しました。

「米国株式 決算速報ニュース」は、米証券取引委員会(SEC)で公表された米企業の臨時報告書が発表されてから30分程度(最短数分)で結果を日本語にて確認できる速報ニュースです。米国の主要銘柄の決算情報を閲覧できるニュース機能です。

このニュースはSBI証券の証券取引口座にログインすれば閲覧できるのですが、証券取引口座を持っている人は利用料無料で閲覧可能です。

「米国株式 決算速報ニュース」は米国主要500銘柄程度をカバーしており、今後も銘柄が追加される予定です。また、このニュース機能は、キーワードによる検索が可能になっています。決算速報の数値を表示したい会社を、銘柄名などで検索して探すことが可能です(例:キーワード=アマゾン)。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

米企業の決算発表結果をスピーディに配信!-米国株式 決算速報ニュース-

■決算発表結果が速い!もう投資機会を逃しません!

米国株式決算速報ニュースは、米証券取引委員会(SEC)で公表された米企業の臨時報告書に基づいて作成し、発表後、30分程度(最短数分)でニュース配信いたします。

☆米国株式 決算速報ニュース 4つの特長☆

→決算発表から配信までが速い!

決算発表後、スピーディなニュース配信により、投資機会を逃しません!!

→利用料無料!

当社米国株式口座をお持ちのお客さまはどなたでもご利用いただけます。

→主要な銘柄をカバー!

米国主要500銘柄程度をカバーしており、順次追加してまいります。

→便利な銘柄検索機能!

数あるニュースの中からお探しの銘柄がすぐ見つかる!銘柄やキーワードで検索することが可能です。

 ~~中略~~

▼決算速報ニュースイメージ

※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
 口座開設・管理手数料は0円!お申し込みはわずか「4クリック」で完了となります!!

▼米国株式 決算速報ニュース 4つの特長 詳細

■特長1 決算発表から配信までが速い!

米国株式決算速報ニュースは、米企業の臨時報告書に基づいて作成し、発表後、30分程度(最短数分)という速さでお客さまへニュースとして配信いたします!

■特長2 利用料無料!

当社米国株式口座をお持ちのお客さまはどなたでもご利用いただけます。

 ~~中略~~

■特長3 主要な銘柄をカバー!

米国株式 決算速報ニュースでは、S&P500銘柄を中心とした米国主要500銘柄程度をカバーしております。

米国の決算ピーク時期には、1日最大30本ほどのニュースが配信されます。

 ~~中略~~

■特長4 便利な銘柄検索機能!

数あるニュースの中からお探しの銘柄がすぐ見つけられるよう、銘柄やキーワードで検索することが可能です。

■文字の大きさも変えられます!

米国株式 決算速報ニュース画面右上の「標準」「大」「最大」ボタンで文字の大きさを3段階に切り替えることができます。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

私のSBI証券の証券取引口座を開設しているので、口座にログインして米国株式決算速報ニュースを使ってみました。

シンプルな画面で、操作がわかりやすいニュース機能です。会社名をキーワードにして銘柄をしぼったり、「黒字」や「増益」といったキーワードで銘柄をしぼったりすることが可能な点も便利だと感じました。

ファンダメンタルズ分析を重視する個人投資家にとって、気になっている企業の決算を見ておくことは必須です。

テクニカル分析を重視する投資家の人は普段、企業の決算書を見ていないかもしれませんね。ただ、決算発表日やその翌日はテクニカルに関係なく、決算の数字で株価が大きく動くことがあります。

ですから、テクニカル投資家も気になる企業の決算の数値は、米国株式決算速報ニュースなどの機能を使って、チェックしておいた方がよいでしょう。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする