楽天証券、2017年夏から楽天ポイントで投資信託の買付が可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券では2017年夏に楽天スーパーポイントで投資信託の購入が可能になる予定です。

楽天スーパーポイントは楽天市場で買い物したり、楽天カードでカード決済を行ったりすると貯まるポイントです。その貯まったポイントで投信の買付が可能になる予定というわけです。

なお、特定のキャンペーンなどで付与され、利用期間が限定されている期間限定の楽天スーパーポイントは、投資信託の購入もしくは購入代金の一部に充てることができません。

以下、楽天証券ウェブサイトの発表文からの抜粋です。

~~~

楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投資信託が購入可能に【PDF】

 2017年5月12日 楽天証券株式会社

 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2017年夏を目途に、楽天グループの各サービス利用で貯まる「楽天スーパーポイント」で、投資信託の購入が可能になることをお知らせします。

 本取り組みにより、各サービスの利用で貯まった「楽天スーパーポイント」を、楽天証券が取り扱う投資信託の購入もしくは購入代金の一部に充てることができるようになります※。また、「楽天スーパーポイント」を投資信託の購入に利用できるようにすることで、利便性の向上だけでなく、より多くのお客様に気軽に投資信託を購入いただけることを見込んでいます。

 「楽天スーパーポイント」は、楽天グループの各サービスを利用することで付与されるほか、各加盟実店舗において、支払いに「楽天カード」や「楽天Edy」を利用したり、「楽天ポイントカード」を提示したりすることでポイントを貯めることができます。楽天証券においては、お取引やご家族・お友達のご紹介、各種キャンペーンの利用により、「楽天スーパーポイント」に交換可能な「楽天証券ポイント」を貯めることができます。

 今後も楽天証券では、楽天グループの様々なサービスの活用や新サービスの提供により、お客様の利便性向上に取り組んでまいります。

※特定のキャンペーンなどで付与され、利用期間が限定されている「期間限定ポイント」は、投資信託の購入もしくは購入代金の一部に充てることができません。

~~以上、楽天証券ウェブサイトの発表文より抜粋~~

楽天スーパーポイントで投信を買付できるようになるシステム改定は、楽天証券と楽天市場を使っている個人投資家にはメリットがあるでしょう。

なお、今のところ、楽天スーパーポイントや楽天証券ポイントを、株式を買い付ける際の資金として使用することはできません。将来的に使用可能になることを期待します。

▼関連記事

楽天証券で投資信託の買付が100円から可能に 【2017年5月27日より】

楽天証券のiDeCoで投資を行うメリットとは

楽天証券、年間損益計算・確定申告サポートの対象商品を拡充

楽天証券、いちにち信用取引の手数料無料を恒久化

iPadで日経テレコンを使う方法 【楽天証券編】

楽天証券、「超割コース」を大幅改定。小口顧客は値下げ。大口優遇は判定条件緩和

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年5月31日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする