ETFセキュリティーズ、「商品ETF」14銘柄を東証に上場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国ロンドンに拠点を置く金融法人ETFセキュリティーズ社が商品(コモディティ※) 関連のETFを14本、東証に上場させると発表しました。14本のETFの上場日は、3月19日です。

※コモディティとは・・・コモディティとは「商品」のことです。食料品から家具やガソリンまで、消費者が日常的に購入する製品の原材料となるものを指します。コモディティの代表例は金、銀、白金、ガソリン、灯油、コーヒー、大豆、粗糖など

ちなみに、ETFセキュリティーズ社※が、2009年8月に上場させた貴金属ETF5本と合わせると、同社は計19本の商品ETFを日本で上場することになります。アジア・太平洋地域で、多様な商品ETFを上場するのは東証が初めてです。

※ ETFセキュリティーズ(ETFS)はどのような会社ですか?

ETFセキュリティーズは、商品上場投資信託(商品ETF)のパイオニアでありリーダーでもあります。ETFセキュリティーズ・リミテッドの経営陣は、2003年に世界初の商品上場投資信託(商品ETF)であるゴールド・ブリオン・セキュリティーズをオーストラリアとロンドンで創設しました。

ゴールド・ブリオン・セキュリティーズは現在では資産総額約20億米ドルに成長しています。

ETFセキュリティーズは、2005年には世界初の原油商品上場投資信託(商品ETF)を生み出し、2006年には同時に多数の世界初の商品上場投資信託(商品ETF)をロンドン証券取引所に上場し、19の商品と10の指数への投資を可能にしました。

さらに2007年には、ETFセキュリティーズは世界初の現物担保型貴金属商品上場投資信託(貴金属商品ETF)を創設し、史上初めて白金およびパラジウムへの投資を可能にしました。

以上、ETFセキュリティーズ社のウェブサイトからの抜粋です。

今回、東証に新規上場する14本の商品ETFの詳細については、下記の東証のウェブサイトから抜粋した発表文をご覧下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月19日(金)、14種類の商品ETFが新規上場(ETFセキュリティーズ・リミテッド)
~天然ガス、ガソリン、アルミニウム、とうもろこしなどに連動するアジア・太平洋地域初のETF~

2010/3/9 更新

[東京証券取引所]

当取引所は、本日、英国の「ETFセキュリティーズ・リミテッド」が運用するエネルギー、産業用金属、農産物などに連動する14種類の商品ETF「ETFS商品上場投資信託」の上場を承認しました。上場日は3月19日(金)です。(ロンドン証券取引所を主市場とする外国ETFの重複上場)

(1)今回上場のETFについて

ETFS商品上場投資信託は、コモディティ投資の際のベンチマークとして広く利用されている「ダウ・ジョーンズUBSコモディティ・インデックス」(以下、「DJ-UBSCI」という。)の総合商品指数及びサブ指数に連動します。

アジア・太平洋地域で初めての「天然ガス」、「原油」、「ガソリン」、「アルミニウム」、「銅」、「ニッケル」、「小麦」、「とうもろこし」、「大豆」といった単一商品の指数に連動するETFを上場します。また、DJ-UBSCIの「総合商品指数」、「エネルギー商品指数」、「産業用金属商品指数」、「農産物商品指数」、「穀物商品指数」といった複数商品の指数に連動するETFも初めて上場します。売買単位は10口又は100口で、数千円から数万円の資金で投資することが可能です。

「ETFS商品上場投資信託」の概要と詳細については以下をご覧ください。

コード 銘柄名 銘柄略称 売買単位
1684 ETFS 総合商品指数(DJ-UBSCI)上場投資信託 商品ETF 10口
1685 ETFS エネルギー商品指数(DJ-UBSCI)上場投資信託 エナジーETF 10口
1686 ETFS 産業用金属商品指数(DJ-UBSCI)上場投資信託 メタルETF 10口
1687 ETFS 農産物商品指数(DJ-UBSCI)上場投資信託 アグリETF 10口
1688 ETFS 穀物商品指数(DJ-UBSCI)上場投資信託 穀物ETF 100口
1689 ETFS 天然ガス上場投資信託 ガスETF 100口
1690 ETFS 原油上場投資信託 原油ETF 10口
1691 ETFS ガソリン上場投資信託 ガソリンETF 10口
1692 ETFS アルミニウム上場投資信託 アルミETF 100口
1693 ETFS 銅上場投資信託 銅ETF 10口
1694 ETFS ニッケル上場投資信託 ニッケルETF 10口
1695 ETFS 小麦上場投資信託 小麦ETF 100口
1696 ETFS とうもろこし上場投資信託 コーンETF 100口
1697 ETFS 大豆上場投資信託 大豆ETF 10口

※「ETFS商品上場投資信託」は、投資信託法第220条の「外国投資法人の発行する投資法人債券に類する証券」に該当し、株式投資信託等と課税上の取扱いが異なるため、特定口座の対象外となりますのでご留意ください。

~~~以上、東証のウェブサイトからの抜粋~~~

今回上場する14本の商品ETFですが、東証のウェブサイトにも記載があるように特定口座の対象外となります。特定口座に入れることができない、ちょっと特殊なETFなので、このETFが売買できるようになるのは、ひょっとしたら楽天証券だけになるかもしれません。

楽天証券では、2009年11月に上場したETFセキュリティーズ社の五つの商品ETFの取り扱いを行っていますから、新規上場の14本についてもいずれ取り扱いを開始するかと思われます。

今回上場する14本の商品ETFですが、「商品(コモディティ)に投資したいけれど、商品先物取引は怖い」という個人投資家にとっては便利な投資先かと思います。

▼関連記事

WTI原油価格に連動するETFが上場

東証、月内に商品ETF上場へ 第1号は金価格連動型

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする