日興フロッギーやキンカブで「S&P500」に連動するETFが売買出来るようになりました 【1547】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

SMBC日興証券には日興フロッギーキンカブという、通常の株取引とは違うやり方で株が買える注文方法があります。

日興フロッギーやキンカブは「100円から上場企業の株を買えることと、約定代金が100万円以下なら買う時の手数料は無料」という大きな特長があります。通常の個別銘柄だけでなくETFも一部買えます。

また、日興フロッギーでは株の買付にドコモのdポイントが使えます。期間限定ポイントも株の買付に使えます。

さて、2021年2月17日から、この日興フロッギーやキンカブで売買できるETFが16本追加されました。下記の16銘柄です。

これらの銘柄の中で注目なのが、以下の二つです。

米国を代表する株価指数であるダウやS&P500に連動するETFが、日興フロッギーやキンカブで売買できるようになったわけです。100円から買付できるので積立投資に便利です。

日興フロッギーで売買できるということは、期間限定のdポイントでも買付ができるということです。よって、日頃からdポイントの消化に困っている人にとっては、便利なポイント消化の選択肢が加わったといえます。

特に私にとってインパクトがあったのが、S&P500に連動する1547の方です。信託報酬が年率0.165%(税込)と安いのです。

私は今まで期間限定のdポイントを消化するときには、日興フロッギーで上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)コード1680を買っていました。ただ、このETFは信託報酬が年率0.264%(税込)となっていて、インデックスファンドとしては少し高めです。

信託報酬の価格を考慮すると、今後私は1680より1547を買うかもしれません。

▼関連記事

日興フロッギーのメリットとデメリット

キンカブのメリットとデメリット

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。
     また、2021年4月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が550万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2020年10月1日時点)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする