マーケットスピードVersion 10.1 リリース 大証デリバティブ売買システム「J-GATE」に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引とFXに対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産50億円トレーダーのcis氏もマーケットスピードを利用しています。

さて、楽天証券がマーケットスピードの最新版であるバージョン10.1を、2月12日の夜にリリースすると発表しました。

今回のバージョンアップでは、大阪証券取引所が2011年2月14日から稼働させる「J-GATE」という新しいデリバティブ売買システムに対応します。

マーケットスピード Ver10.1では、「J-GATE」の提供開始により新たに追加する多彩な発注機能を搭載するほか、気配値情報(板情報)の上下10本表示や歩み値情報、約定照会画面の秒単位の表示など「J-GATE」の特徴を活かした機能が提供されます。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マーケットスピードVer10.1【大証デリバティブシステム対応版】リリースのお知らせ

marketspeed101_1.jpg

楽天証券では、大証デリバティブ売買システム「J-GATE」に対応し、マーケットスピードの最新バージョン「マーケットスピードVer10.1」をリリースいたします。

マーケットスピード Ver10.1では、「J-GATE」の提供開始により新たに追加する多彩な発注機能を搭載するほか、気配値情報(板情報)の上下10本表示や歩み値情報、約定照会画面の秒単位の表示など「J-GATE」の特徴を活かした機能を提供いたします。


マーケットスピードVer10.1は、2月12日(土)メンテナンス後にダウンロードが可能となりますが、先物・オプション取引のご注文をご入力いただくことはできません。2月13日(日)15時ごろより、ご注文をご入力いただける予定です。

マーケットスピードVer10.1の新機能

1・日経225先物(ラージ・ミニ)や日経225オプションの制度変更に基づき、新しい注文条件をマーケットスピードに追加いたします。

先物・オプション取引の注文について、「執行数量条件」として「FAS」、「FAK」、「FOK」を新たに追加いたします。指値注文・成行注文を発注する際には、いずれかの注文条件を指定していただく機能です。

執行数量条件 Fill and Store
(FAS)
一部約定後に未執行数量が残るとき、その残数量を有効とする条件
(現行と同じ)
Fill and Kill
(FAK)
一部約定後に未執行数量が残るとき、その残数量を失効させる条件
Fill or Kill
(FOK)
全数量が直ちに約定しない場合は、その全数量を失効させる条件

marketspeed101_2.gif

※引け条件付の注文機能(引値・引成・不成)はなくなります。取引開始時も、寄付条件付の注文機能はなくなります。 また、執行数量条件としてFAS条件を付す注文は、当日の日中立会終了まで有効(イブニング・セッション(ES)に受け付けた注文は当日のES終了まで有効)となります。

有効期間条件 Good for Day
(GFD)
当日の日中立会終了まで有効(イブニング・セッション(ES)に受け付けた注文は当日のES終了まで有効)

marketspeed101_3.gif

2・日経225先物(ラージ・ミニ)や日経225オプションの気配値を上下10本ずつ、最大20本の気配値(板情報)を表示します。

上下10本の気配値と数量を表示します。売りと買いの需給関係を見ることによって、相場の方向性を予測することができます。

marketspeed101_4.gif

3・歩み値情報や約定照会を秒単位でチェックできます!

歩み値やお客様が発注した注文の約定時刻を秒単位で表示いたします。お客様は、より詳細に相場の流れや変化を捉えることができるようになります!

marketspeed101_5.gif

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、J-GATE導入に伴い、「日経225先物や日経225miniの取引」の昼休みが廃止となります。2011年2月14日から日経225先物や日経225miniの日中の取引時間は9:00~15:10です。

夜間取引(イブニング・セッション)は、16:30~23:25となります。

ほとんどの大手ネット証券は、昼休み廃止に対応します。日経225先物取引をやっている個人投資家の方は、昼休みが廃止となることを覚えておいた方がいいでしょう。

▼関連記事

マーケットスピード」のフル板を使っての感想

「マーケットスピードのフル板」と「マネックスのフル板情報ツール」の機能比較表

マネックスの「フル板情報ツール」の使い方の解説

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年6月30日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする