資産100億円トレーダーcis氏とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cis氏(しす、1977年 – )は、株式投資家、株式トレーダー。東京都在住。

cis氏は株式投資家である。株式投資だけでなく日経225先物取引日経225オプション取引も行っている。

また、cis氏は2ちゃんねら~である。

ちなみに、cis氏は現在、ツイッターもやっている。cis氏のツイッターアカウントはこちら。DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト)というスマートフォン用ゲームにはまっているらしい。

2014年まではDQMSL関連のつぶやきが多かったが、2015年になってからは株式関係のつぶやきが増加している。Twitterのつぶやきを見るに、最近のcis氏はかなり活発に日経225先物や日経225オプションの取引を行っている。

▼cis氏のトレーダーとしての来歴

cis氏は2000年に104万円の元手で株式投資を始めたが、その後、パチスロや会社勤めで稼いだ資金を追加で投入したので、種銭は合計で数百万~1千万円程度といわれている。

その元手の資金を、2008年には50億円以上に増やした。トレードスタイルは、数秒~48時間程度株を保有するデイトレードやスイングトレードと呼ばれる短期取引手法をとっている。

cis氏の総資産は、2015年8月の時点で100億円以上である。

 (ツイッターを見るに、相場の乱高下でcis氏の資産も乱高下しているようだが、2015年8月下旬時点では、ひょっとしたら200億円以上?)。

これは企業経営を行っていない個人投資家の資産として、異例の金額である。

個人投資家でここまでの資産を築いたこともレアケースだが、cis氏のように100億以上の資産を持つ個人投資家がメディアに露出することも、まれである。

cis氏は以前より2チャンネルの株式掲示板では、名が知れた存在だった。「cis ◆YLErRQrAOE」の固定ハンドルネームで書き込みを行い、トレードの腕が立つ上に、発言が過激なため2ちゃんねるの株板では有名人である。

しかし、テレビや雑誌には一切出演せず、知る人ぞ知るカリスマトレーダーであった。(◆YLErRQrAOEはcis 氏の2ch ID。)

そんなcis 氏は、2007年に株系SNSのカブトモネットの事業立ち上げに参加した(立ち上げ当初は、カブトモネットの会社案内にcis氏の本名が名を連ねていた)。

そのカブトモネットの宣伝のためか、cis氏は徐々にマスメディアの取材を受け始めた。

 cisというハンドルネームの由来・・・かつて格闘ゲームで「俺と戦う奴は必ず死す」というメッセージでスコアランキングにcis=(死す)と入力したのが名前の由来。

カブトモネットの宣伝のためではないようだが、2011年には、すりガラス越し&ボイスチェンジャーありでタモリ氏の笑っていいとも!にテレビ出演した経験がある。

▼cis氏とトレードツール

2011年から2015年にcis氏が出演したマスメディアの情報を見るに、cis氏が株取引に使っているメイン証券会社はSBI証券である。

cis氏のツイッターを見るに、cis氏が使っている日経225先物取引アプリはSBI証券の「HYPER 先物オプションアプリ」である。

  • 上記リンク先のツイッターの画像を見るに、cis氏が使ってるiPhoneはau契約のものと思われる
  • また、cis氏の別のTwitterの画像を見るに、cis氏はソフトバンク契約のiPadを所有している

 ↓ちなみに、投資情報の一部は楽天証券マーケットスピードから得ている。

▼cis氏のトレード環境 SBIマネーワールド cis座談会より抜粋

■PCを何台ぐらい使って、どういう画面構成でトレーディングをしているのか・・・ひとつトレード部屋っていう10畳ぐらいのを作っている。そこにあるのはパソコンが3台と、モニターが7枚。しかし、今はひとつのパソコンはつけていない。画面は5枚とパソコン2台でやっている。

1台のパソコンは、モニターが1枚。それには日経先物と新興市場のマザーズ指数のチャートをずっと表示させて、先物とマザーズ指数と為替を表示させてあるだけ。

あとのもう1台のPCは4画面あって、楽天証券の「マーケットスピード」とかを起動させてあって、その1台がいわゆるメイン、メインというか、その1台でやっているようなもの。

パソコンごとにキーボードとマウスを1つずつ接続している。

キーボードやマウスは無線LANじゃなくて有線LAN。ワイヤレスだと、ノイズなんかでごく稀に反応しないことがある。

■全体相場、観察用のモニタは先物と新興3指数と為替だけか・・・マザーズだけ。マザーズの分足と日経先物と為替だけ。

■分足は何分くらいを表示させてるのか・・・分足はマーケットスピードのデフォルトなので、5分足。

■ グロベックスとかアジアマーケットとかの指数は見ているのか・・・見ていない。まあそれもたまに見るが、値動きに織り込まれていると思っている。

■常時板を見ている監視銘柄は、60銘柄。

なお、cis氏とジェイコム男BNF氏は過去に3回会ったことがある。友人というか知り合いらしい。

▼cis氏の金融資産の推移 月刊ダイヤモンドZAi 2007年10月号より

時系列 cis氏の金融資産 備考

2000年

104万円 大学3年生
2001 800万円 就職
2002 300万円 全力買いで失敗し資産減少。サラリーマン生活に終止符
2003 6000万円 2003年の冬、トレーダー関連のOFF会で初めてBNF氏と会う
2004 3億円 2004年の冬、またBNF氏と秋葉原で会う
2005 30億円 ジェイコム株の誤発注事件で6億円を儲ける
2006 42億円
2007 50億円 7月に50億円達成 ZAiの対談記事のためBNF氏と邂逅

▼その後のcis氏の金融資産の推移 当サイト管理人によるまとめ

時系列 cis氏の金融資産
備考
2010年 自称100億円 2015年9月7日発売の週刊ポスト「2015年 9/18 号」より
2011年 自称100億円 株で100億円儲けた? cis氏が「笑っていいとも!」に出演より
2013年3月ごろ 自称約120億円

証券口座70億円+東京電力債40億円+所有するビル2棟10億円。

株で100億円儲けた? cis氏が扶桑社の雑誌インタビューに登場より

2014年夏頃 自称160億円

証券会社の取引明細書などは44億円から48億円程度の流動資産があった。

資産100億円トレーダーのcis氏がブルームバーグのインタビューに応えるより

2015年8月下旬 自称200億円

2015年8月下旬のcis氏のツイッターの自己紹介文より。

2015年8月25日に日経225先物取引で37億円儲けたことがあるらしい

2015年9月上旬 自称190億円

cis氏のツイッターの自己紹介文より

▼cis氏のマスメディア出演の歴史

出演時期
出演メディア
2007年5月21日 NET M@NEY (ネットマネー) 2007年 07月号
2007年6月14日

イートレ長者村(現SBIマネーワールド)プレミアム企画(全 4 回)

対談 北尾 吉孝(SBI ホールディングス株式会社代表取締役 CEO) × cis(若きカリスマトレーダー

2007年10月21日 月刊ダイヤモンドZAi 2007年12月号
2008年2月2月21日 月刊ダイヤモンドZAi2008年4月号
2008年8月17日

SBIマネーワールド主催

カリスマcisにマネーワールドユーザが迫る!「cis座談会」

2008年11月25日 月刊宝島 09年1月号
2011年11月10日 株で100億円儲けた? cis氏が「笑っていいとも!」に出演
2013年4月8日 株で100億円儲けた? cis氏が扶桑社の雑誌インタビューに登場
2014年9月26日 cis氏がブルームバーグのインタビューに応える
2014年11月 cis氏が扶桑社のインタビューに答える
2015年3月 cis氏が日経ヴェリタスのインタビューに答える
2015年3月 cis氏と けむ氏の対談が少しだけ「SPA!(スパ)」に載っています
2015年8月 cis氏はiPhoneやiPadを使っている (2015年8月28日のブルームバーグの記事より)
2015年9月 cis氏が週刊ポストのインタビュー記事に登場 new!

▼関連記事

資産100億円トレーダーcisさん関連情報のカテゴリ

ジェイコム男BNFさん関連情報

ジェイコム男BNF氏の持ち株 (四季報株主欄より)【2015年夏号】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする