マネックス証券が2019年春にPTS取引サービスを提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

マネックス証券が、2019年春にPTS(私設取引システム)の取引サービスを提供開始する予定だと発表しました。

PTS取引サービスでは、東京証券取引所に加え、「チャイエックス・ジャパンPTS」、「SBIジャパンネクストPTS」への国内株の注文が可能となります。より多くの取引所で取引が行えるようになり、有利な価格での取引機会が拡大する予定です。

またマネックス証券では、2019年夏以降にPTSにおける信用取引への対応も予定しています。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

PTS取引サービスを来春より提供開始

配信日:2018年6月21日

マネックス証券では、2019年春(予定)よりPTS(Proprietary Trading System、私設取引システム)取引サービスを提供いたします。また、2019年夏以降開始予定のPTS信用取引への対応も予定しています。

PTS取引サービス概要

PTS取引サービスでは、東京証券取引所(以下、東証)に加え、「チャイエックス・ジャパンPTS」、「SBIジャパンネクストPTS」(以下、PTS)への国内株の注文が可能となります。より多くの取引所で取引が行えるようになり、有利な価格での取引機会が拡大します。

また、PTSは東証よりも細かい呼値の刻み幅の銘柄が多数取り扱われていること、東証の時間外での取引が行えることも、お客様の取引機会を広げると考えています。

PTS取引サービスの特長

  • 日中取引時間の拡大
    東証の立会時間外(寄り前、昼休み、引け後)にも取引が可能です。
  • 細かい呼値刻み
    東証よりも、より細かい呼値の刻み幅で取引が可能です。

※PTS取引サービスの概要については、順次マネックス証券ウェブサイトでご案内予定です。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

マネックス証券がPTSサービスへの対応を予定どおり開始した場合ですが、下記のネット証券大手5社がいずれもPTSサービスに対応することなります。

  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. 松井証券
  4. カブドットコム証券
  5. マネックス証券

▼関連記事

マネックス証券、信用取引の手数料 最大10万円キャッシュバック キャンペーン実施中

マネックス証券の信用取引ではトレーディングツールの利用料が無料

マネックス証券ではスマホ用のトレーディングアプリの利用料が無料

マネックス証券の株取引では多彩な注文方法を利用できる

マネックス証券の通常口座において信用取引の手数料が値下がり

マネックス証券、現物株式と投資信託の買付手数料実質0円キャンペーン実施中

マネックス証券における信用取引のメリットとは

マネックストレーダーのマルチ気配ビューアの情報が拡充

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする