松井証券、夜間取引に対応【2018年3月開始予定】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券が2018年3月(予定)より、私設取引システム『SBIジャパンネクストPTS』に参加すると発表しました。

これにより、松井証券の口座を持っている人は、2018年3月から株の夜間取引を行うことが可能になる予定です。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

PTSへの注文取次ぎ開始について ~株式の夜間取引が可能になります~

2018年1月29日

松井証券は、2018年3月(予定)より、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する私設取引システム『SBIジャパンネクストPTS(J-Market)』(以下、ジャパンネクストPTS)への注文取次ぎを開始します。

株式の夜間取引が可能になります

ジャパンネクストPTSへの注文取次ぎを開始することで、かねてよりお客様から多くの要望をいただいていた、株式の夜間取引が可能になります。国内株式の夜間取引ができる大手ネット証券は、当社が2社目となる見込みです。(※)

ジャパンネクストPTSでは夜間取引に限らず、証券取引所の寄付前、昼休み時間帯、大引け後にも取引が可能になります。また、取引所取引と比べ、注文状況次第で取引機会の拡大が期待できるなどの利点もあります。注文受付時間をはじめとしたサービスの詳細は、開始日が近づきましたら改めてお知らせいたします。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

(※) 大手ネット証券とは、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、当社を指します。

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

以前、当サイトで「楽天証券が株の夜間取引を再開予定」という記事を配信したことがあります。

楽天証券の発表では「株の夜間取引を2018年度中に再開予定」と書かれていました。

よって、遅くとも2019年3月までにはSBI証券、楽天証券、松井証券の三社で現物株の夜間取引が可能になる予定です。

東京証券取引所が株の夜間取引を開始する見込みは現状かなり薄いので、ジャパンネクストPTSのがんばりに期待です。

▼関連記事

SBI証券の夜間PTSが取引時間を拡大

PTSとは (株式用語解説)

松井証券で投資信託の買付が100円から可能に

松井証券、らくらく振替入金サービスを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする