東証、TOPIX先物取引でシステム障害発生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東証にはTOPIX(東証株価指数)を対象とした先物が上場しています。TOPIX先物取引と呼ばれる商品です。日経225先物取引のTOPIX版ですね。

2月8日、東証のTOPIX先物取引のシステムで障害が発生し、後場の取引が中止となりました。今のところ、復旧の見込みは立っていません。以下、ロイター・ニュースからの抜粋です。

TOPIX先物3月限の売買再開、現時点で見通したたず=東証

 [東京 8日 ロイター] 東京証券取引所は8日、派生売買システムの障害について、原因はプログラム上のトラブルとの見方を示した。また、週明けのTOPIX先物3月限売買再開については、現時点で見通しがたっていないとしている。

 東証は8日の前引け後、派生売買システムに障害が発生し、復旧の見込みが立たないとして、TOPIX先物2008年3月限の売買を後場から終日停止した。

 記者会見した東証の広瀬IT企画部長によると、障害の原因については「ベンダーの富士通(6702.T: 株価, ニュース, レポート)とともに究明を急いでいるが、特定するには至っていない。何らかのプログラム上のトラブルだ」として・・・

ハードウェアのトラブルならバックアップが取れるので障害が発生しても、バックアップを運用することによって障害から立ち直ることが可能です。しかし、今回はプログラムのトラブルであり、バックアップによる再起動が通用しないので、問題が長引いています。不幸中の幸いなのは明日から三連休なことです。三連休中の回復に期待したいところです。

ところで、今回障害が発生したTOPIX先物取引のシステムを開発したのは富士通です。そして、現在使われている東証の株式売買システムを開発したのも富士通です。この株式売買システムは、2005年11月1日にプログラムのミスで売買が停止したことがあります(現在は修正済み)。

また、東証の株式売買システムは、2006年1月18日、ライブドアショックによる売買件数の急増に耐えられず14:40に全銘柄の取引を停止しました。東証はこのライブドアショックでの失態を教訓として、次世代システムの開発に着手しています。

2009年後半の稼働を目指す次世代売買システム開発の入札に勝利したのは富士通です。ITproの記事によると、次世代売買システムはOS=Linuxとサーバー「PRIMEQUEST」の組み合わせで開発されているとのことです。今回障害を起こしたTOPIX先物のシステムもLinuxとPRIMEQUESTで開発されたものです。

個人的には、東証は次世代システムの開発で日立を選ぶべきだったと考えています。

実は今回障害を起こした富士通のTOPIX先物取引システムですが2008年1月15日から稼動を開始したものです。それ以前に稼動していたTOPIX先物取引システムは日立製でした。日立製のシステムで今回のような大きなトラブルは聞いたことがありません。

また、大阪証券取引所のヘラクレスという市場は2006年2月26日まで富士通開発の取引システムを使っていました。このシステムの末期は情報配信や注文約定の遅延を頻繁に起こしていたものです。2006年2月27日からヘラクレスの取引システムは日立製になり改善されました。ヘラクレスは、現行の東証のシステムより高速な注文処理を実現しています。

▼関連記事

東証の新派生売買システムで障害、先物取引の一部が売買停止・・・ITpro 2008年2月8日

【真相1】東証システムのベンダー選定 18グループから勝ち残った富士通・・・ITpro 2007年1月11日

大証の処理速度7倍の新システムに移行、富士通から日立にリプレース・・・ITpro 2006年2月27日

東証、システム障害発生で売買停止 関連銘柄は?・・・クローズアップ株式 2005年11月1日

日経平均株価はライブドアショックで急落・・・クローズアップ株式 2006年1月18日

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする