2007年、上場廃止銘柄のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さっきまで、ニコニコ動画で「クソ株ランキング2007」という素晴らしい動画を見ていました。これがあまりにおもしろかったので触発されて、「2007年、上場廃止企業一覧」のまとめを作ってみました↓
































































































































上場廃止企業一覧 2007年
企業名 証券code 上場廃止日 上場廃止理由 備考 関連記事リンク
セタ 2732 2008/01/01 有価証券虚偽記載 売上前倒し計上
深川製磁 5335 2007/12/31 時価総額 規定不足
NOVA 4655 2007/11/27 会社更生 膨大な広告費を投じ英会話業界のシェアの過半を握っていたが、顧客との授業料返還トラブルが耐えない企業であった。トラブルを問題視した経済産業省による業務停止命令をきっかけに顧客離れが加速し破綻。 関連記事
クインランド 2732 2007/11/09 民事再生 元々自動車・中古車の買い取り・販売店舗の運営やネットサービスによる売買を行なっていたが、無理なM&Aがたたり経営破綻。 関連記事
みらい建設グループ 1792 2007/10/28 民事再生 土木事業を中心に公共事業が減少し、受注量減少、落札率低下により破綻
マキ製作所 6304 2007/10/28 民事再生 青果物の選別プラント施設の国内需要が漸減を続ける中、売上高の伸び悩みから脱却するため、、収益力と財務体質の検証、改善を進めてきた。しかしその過程で、在庫処理44億円の必要性などが判明し債務超過に転落。

前年まで純利益で黒字を出していたのに、いきなりの倒産であった。キャッシュフローが赤字の企業の脆さをみせつけた。

関連記事
クレディア 8567 2007/10/15 民事再生 グレーゾーン金利廃止決定により、利息制限法の上限を超えて受け取った利息の返還請求が相次ぎ財務が悪化、資金繰りに行き詰まった。規制強化を目的にした改正貸金業法が2006年12月に成立して以来、上場消費者金融で初の経営破綻だった。 関連記事
フレームワークス 3740 2007/10/13 監査意見不表明の為
九州親和ホールディングス 8340 2007/09/13 事業活動停止の為
サンライズ・テクノロジー 4830 2007/06/25 適時開示規則違反 旧社名プライムシステム。稀にみるクソ株。キング・オブ・クソ株といっても過言ではなかった。このスペースでは語りきれないほどのエピソードを持つ銘柄。詳細はこちらでどうぞ 関連記事
インターネット総合研究所 (IRI) 4741 2007/06/24 監査意見不表明 最強の粉飾決算企業IXIを買収。IXIの粉飾がばれたため親会社であるIRIの財務もボロボロになり、オリックスに吸収された。 関連記事1
関連記事2
アイ・エックス・アイ (IXI) 4313 2007/02/22 民事再生手 架空取引の一種である「循環取引」を最大限に駆使した粉飾決算の王者。売上の9割が循環取引による水増しであった。2007年最凶の糞株。 関連記事
TTGホールディングス 1991 2007/01/07 有価証券虚偽記載 実際には債務超過だったのに純資産があったように見せかけるなど「虚偽記載」を行っていた。 関連記事
企業名 証券code 上場廃止日 上場廃止理由 備考 関連記事

今年も多くの上場廃止銘柄が出ました。しかし、2chの会社死期報スレッドとダイヤモンドZAiの「最新理論株価&倒産確率データシート」という記事を読んでいれば、いずれ経営破たんすることが容易に予想できる企業が多かったように思います。

ただ、連続で黒字決算を出していたマキ製作所の倒産は予想できませんでした。また、きなくさい噂はあったものの、IXIの「架空売上9割 」という粉飾決算には度肝を抜かれました。「クソ株ランキング2007」1位で納得の銘柄です。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする