ネット証券、口座開設キャンペーンのまとめ 【期間限定】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

campaign_present_box_white_red_ribbon

2017.4.29 Last Update!

【ネット証券 期間限定キャンペーン】

オンライン証券の口座開設でもらえる特典やプレゼントキャンペーンを、一覧表にまとめました↓

▼ネット証券の口座開設でもらえる特典やプレゼントキャンペーン 比較表

会社名
キャンペーン内容
キャンペーンの締切
(2017年)
詳細
ライブスター証券

2017年6月30日までに本ページ経由で証券取引口座の開設申込を行い、口座開設申込後、60日以内に口座開設を完了させると現金2000円がもらえる。

下記の取引手数料 無料キャンペーンと重複して参加可能。

2017年6月30日 詳細
ライブスター証券

2017年6月30日までに、新規で口座開設をしたユーザーは、以下の取引の手数料が、口座開設から二ヶ月間(40営業日)全て無料となる。

日本株の取引全てと、日経225先物と日経225miniの全てが無料。信用取引の手数料も無料

2017年6月30日 詳細
ライブスター証券

判定期間中に約定代金合計額で適用条件を満たしたユーザーは、翌月、信用取引買方金利および信用取引手数料が優遇される。条件を満たすと、信用取引の買方金利が1.8%になり、さらに信用取引の手数料が無料となる。

なお、判定日(毎月20日)大引け時点での信用建玉残高が5億円以上の人もキャンペーンの対象となる

5月19日 詳細
DMM FX

2017年5月31日までに本ページ経由でFX取引口座の開設申込をして60日以内に、5万円以上の入金後、新規1Lot以上のお取引完了で現金5000円がもらえる。
new!

2017年5月31日
(締切間近)
詳細
外為ジャパン

2017年5月31日までに本ページ経由でFX取引口座の開設申込をして60日以内に、5万円以上の入金後、新規1Lot以上のお取引完了で、楽天ポイントを1万円分もらえる

2017年5月31日
(締切間近)
詳細
SBI証券 株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツール「HYPER SBI」の利用料が口座開設日の翌日から1ヶ月間、無料 終了日未定
SBI証券 2017年4月3日から6月30日の間に、信用取引口座を開設したユーザーは、信用取引口座開設完了日の翌営業日から1か月間、全板サービスを無料で利用できまる 6月30日
SBI証券

対象期間内の毎月第1営業日~毎月末最終営業日に国内株式の約定が合計1回以上あったユーザは、翌月10日頃から1か月間、全板サービスを無料で利用できまる

対象期間は2017年4月3日から6月30日となっている

楽天証券

株取引・日経225先物取引に対応したトレーディングツール「マーケットスピード」が新規利用申請から3ケ月間無料。

なお、楽天証券でFX取引口座を開設すると、マーケットスピードの利用料がずっと無料になる。

(証券取引口座もFX取引口座も、口座維持費は無料)

締切なし 常時開催中 詳細
楽天証券

楽天証券で2017年4月28日までにFXの取引口座を開設して、4月29日の午前5時55分までに、新規で100万通貨以上のFX取引を行うと現金5000円がもらえる。

キャンペーン対象となるにはキャンペーン期間内に、楽天証券のウェブサイトにてエントリーが必要。

FX取引口座を開設するとマーケットスピードというトレーディングツールの利用料がずっと無料になるというメリットもある。

「現金5000円+マーケットスピード無料」という二重の意味で得するキャンペーン

4月28日
(終了)

詳細
楽天証券

キャンペーンに参加するには楽天証券の証券取引口座が必要。

楽天証券の口座を持っている人が、楽天証券ログイン後の専用申込ページから楽天銀行の口座を新規に口座開設申込みする。

そして、2017年5月22日までに銀行口座を開設し、6月30日までにマネーブリッジの設定を行い、銀行口座に1000円以上の入金を行うと現金1000円がもらえる。

マネーブリッジ設定とは証券取引口座と銀行口座を連携させる設定のこと。 

キャンペーンに参加するには、銀行口座への入金を「ATMから入金」、「他行から振込」、「自動入出金(スイープ)による入金」の三つのうちから選ぶ必要がある。

5月22日
(締切間近)
楽天証券

NISA口座を開設すると、NISA口座内における株取引の売買手数料が無料となる。買いの手数料も、売りの手数料も無料になる。

 (※ただし、株式売買の手数料が無料になるのは、年間の投資額が120万円に達するまで。120万円を超えてから、新たに株取引を行った分についてはNISAの非課税枠から外れるため、通常の売買手数料が徴収される)

この手数料無料はNISA導入年に限った期間限定サービスや条件を設けたキャンペーンではない。NISAの現行制度下において恒久的に無料となっている

締切なし 詳細
楽天証券

Windows版のマーケットスピードの詳しい操作方法が書かれた取引ガイドが無料でもらえる。

取引ガイドをもらうための申込期間は2017年3月27日から9月24日までとなっている。

マーケットスピードとは ← 株式と日経225先物取引に対応したトレーディングツール

9月24日
楽天証券

2017年5月1日から5月31日の15時15分の間に、初めて日経225先物オプション取引を行い、キャンペーンにエントリーすると、取引ごとに楽天証券ポイントがもらえる。

日経225先物は1枚につき50ポイント、日経225ミニ・東証マザーズ指数先物・日経225オプションは1枚につき5ポイントがもらえる。
new!

5月31日の15時15分
松井証券

2017年9月29日までリンク先を経由して証券取引口座を開設した方に、株式取引手数料を最大5000円までキャッシュバックするキャンペーンを実施している。

リンク先のページを経由して、2017年9月29日までに松井証券の証券取引口座を新規で開設すると、口座開設日から翌月末までの期間の株式取引手数料が最大5000円までキャッシュバックとなる。

2017年9月29日 詳細
松井証券

まず、2017年4月17日から5月19日の間に、松井証券の証券取引口座と日経225先物取引口座を新規に開設する。

そして、キャンペーン期間中に申込みフォームから申込みを行うと、キャンペーン期間中における、日経225先物取引や日経225miniなどの取引手数料が全額キャッシュバックとなる。
new!

5月19日
(締切間近)
詳細
岡三オンライン証券

2017年6月30日まで、「新規口座開設と入金で現金5000円プレゼント」キャンペーンを実施している。キャンペーンの詳細はこちら
new!

6月30日 詳細
岡三オンライン証券

2017年3月28日から9月29日の間に、岡三オンライン証券を通じて、iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入すると、iDeCoの加入時手数料相当額がキャッシュバックされる。

▼加入時手数料

通常:2,777円 ⇒ キャンペーン適用時:実質 0円

9月29日
マネックス証券のトレードステーション利用口座

2017年5月1日から5月19日までに、マネックス証券のトレードステーション利用口座を新規で開設すると手数料無料キャンペーンの対象者となる。

キャンペーン期間中にトレードステーション利用口座を開設した人は、口座開設完了日の翌週水曜日から2017年7月31日までの取引手数料が全額無料となる。現物株取引も信用取引も両方とも手数料が無料になる

5月19日
(締切間近)
詳細
マネックス証券

信用取引口座を開設すると、口座開設後31日間の信用取引の株式売買手数料が最大10万円までキャッシュバックされる。

常時開催中 詳細
マネックス証券 上下8本以上の板情報を見ることができるフル板情報ツールが利用申込から1ヶ月間無料 常時開催中 詳細
マネックス証券

外国株取引口座において、初回入金(※)から20日間の米国株取引手数料(税抜)が、最大3万円キャッシュバックされる。

 ※初回入金は、外国株取引口座内における為替振替にて「日本円 → 米ドル」への振替取引が対象となる。外国株取引口座に円資金を振替えるだけでは、キャッシュバック期間の起点とはならない点に注意が必要

終了日未定 詳細
マネックス証券

2017年3月7日から4月28日のキャンペーン期間中、「トレードステーション米国株 スマートフォン」でアメリカ株を取引し、アンケートに回答した人は米国株の取引手数料(税抜)が全額キャッシュバックとなる。

さらに米国株の取引を行いアンケートに回答した人は、アンケート回答の謝礼として現金1000円がもらえる。

4月28日
(終了?)
詳細
SMBC日興証券 パワートレーダーというWindowsのパソコン用の株取引トレーディングツールを初回申込から翌月末日まで無料で利用できる 終了日未定
東海東京証券

2017年4月1日から9月29日の間、東海東京証券のオンライン株取引サービスで信用取引口座を新規に開設すると、約2ヶ月間、現物株式取引と信用取引の手数料が無料になる。

さらに、信用取引の買方金利が約2ヶ月間安くなる(年率0.90%になる)。

※コールセンターでの電話注文による取引や、店舗における対面の取引でかかった手数料はキャンペーン対象外なので注意が必要。

※信用取引における金利・貸株料・逆日歩・管理費などの諸経費や、任意決済注文の手数料はユーザーの負担になるので注意が必要。

※詳細は東海東京証券のホームページにてご確認ください

9月29日 ウェブサイト
GMOクリック証券

2017年2月1日から2018年1月31日の間に、GMOクリック証券で証券取引口座を開設すると、最大で3ヶ月間、現物株取引の手数料が無料となる

2018年1月31日 詳細
GMOクリック証券

2017年3月25日から6月30日の間にGMOクリック証券の証券取引口座を開設し、定められた取引期間内に投資信託を積立で購入した人は、積立合計金額(約定)に応じて現金がもらえる。

積立金額が3万円以上5万円未満になった人は現金2,000円がもらえる。積立金額が5万円以上になった人は現金4,000円がもらえる。

さらに期間内に株取引(現物株取引か信用取引)を行い、約定した場合、追加で現金1000円がもらえる。

2017年6月30日 詳細
GMOクリック証券

NISA口座を開設すると、NISA口座内における現物株取引売買手数料が無料となる。買いの手数料も、売りの手数料も無料になる。

 この手数料無料はNISA導入年に限った期間限定サービスや条件を設けたキャンペーンではない。NISAの現行制度下において恒久的に無料となっている。

締切なし 詳細
岩井コスモ証券

2017年4月3日から6月30日まで、口座開設にともなう手数料キャッシュバックキャンペーンを実施する。

キャンペーン期間中に証券総合口座新規に開設したユーザーは、現物株取引の取引手数料が最大3ヶ月間全額キャッシュバックとなる

2017年6月30日 詳細
フィデリティ証券

新規に口座を開設したユーザーは、口座開設日から翌々月末のファンド申込受付分まで、いつでもファンド申込手数料が無料

(つまり投資信託の買付において最大で3ヶ月間 手数料無料)

終了日未定 詳細
カブドットコム証券 トレーディングツール「kabuステーション」が申込日の翌々月第1営業日まで無料 常時開催中 詳細
丸三証券 株取引が2ヶ月間完全無料 常時開催中 詳細
丸三証券 2017年4月3日から5月31日の間に、信用取引口座を新たに開設し、信用取引で新規建てを行うと会社四季報・夏号がもらえる 5月31日
マネーパートナーズ 2017年5月1日から5月31日の間にFX取引口座を開設して、6月30日までに新規で100万通貨以上のFX取引を行うと、現金5000円がもらえる 5月31日
(締切間近)
ウェブサイト
マネースクウェア・ジャパンのFX取引口座

まず、本ページ経由でFX取引口座の開設申込する。

そして、口座開設申込から90日以内にFX取引口座に入金を行った後、トラップリピートイフダン注文という発注方法を使って、片道5万通貨以上のFX取引を行うと15000円相当の楽天ポイントがもらえる。

締切日未定

詳細
むさし証券 2017年4月17日から9月29日の間に、他社からの移管入庫株式の増加額が100万円以上かつ、新規に信用取引口座を開設した人もしくはすでに信用取引口座を開設済みの人は、キャンペーン期間中、信用取引の手数料が最大で10万円(税込)までキャッシュバックとなる。
new!
2017年9月29日
会社名
キャンペーン内容
キャンペーンの締切
(2017年)
キャンペーンの詳細

ちなみに、証券会社とFX会社の現金プレゼントキャンペーンに興味がある方は、こちらをクリックして下さい↓

 証券会社 & FX会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

また、NISA口座開設キャンペーンについて興味がある方は、こちらをクリックして下さい↓

 NISA口座「口座開設キャンペーンの比較」

なお、このページの記事は毎週、定期的に更新しています。ですから、この記事を「お気に入り」や「ブックマーク」に追加しておくと便利だと思います。

原則として毎週末に更新していますが、祝日の関係などで多少 更新日がずれることがあります。ご了承ください。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする