楽天証券、ツールバー型発注ツール「MARKET SPEED Nano」を3月にリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードというトレーディングツールがあります。

楽天証券が、マーケットスピードの新バージョン「MARKET SPEEDバージョン7.0」を2008年3月にリリースする予定であると発表しました。

この「MARKET SPEEDバージョン7.0」には、新発注ツールとして、発注機能に特化したツールバー型発注ツール「MARKET SPEED Nano(マーケットスピード ナノ)」が搭載されます。

「マーケットスピード ナノ」は、機能を国内株式の発注機能とリアルタイム株価自動更新に特化したトレーディングツールです。ツールバー型のコンパクトなデザインになっています。

画像を見たほうがどんなソフトなのか直感的にわかりやすいと思います。「マーケットスピード ナノ」の画像を見たい方は、下記リンク先のPDFファイルを開いて下さい。

「マーケットスピード ナノ」の特徴

「マーケットスピード ナノ」は、マーケットスピードを操作しながら、あるいはマーケットスピードを起動することなく単独でも起動可能です。ログインした状態でタスクバーに常駐させておくことで必要な時にだけ即時に起動し、発注することができます。

「マーケットスピード ナノ」はIT業界の用語でいえば、デスクトップツールとかデスクトップ・ガジェットと呼ばれるソフトウェアの一種ですね。

以下、楽天証券の発表文からの抜粋です。

MARKETSPEED「バージョン7.0」 3月にリリース!
~利用料無料の新発注ツールMARKETSPEED Nano(マーケットスピード ナノ)登場~

 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都港区)は、「MARKETSPEEDバージョン7.0」と発注機能に特化した新発注ツール「MARKETSPEED Nano(マーケットスピード ナノ)」を3月(予定)にリリースいたします。

■ねらい・背景
 
「MARKETSPEED」は、証券業界で初めてリアルタイム株価自動更新を可能にした個人投資家向けの先駆的なトレーディング・ツールです。2000年5月のリリース以来、アクティブトレーダーを中心に現在までに累計利用者数35.8万人と圧倒的な支持をいただいてまいりました。

 
また、近年の個人投資家の若年化や初心者層の拡大など「投資の大衆化」の流れを受け、当社では幅広い層のお客様が“より機動的にかつ簡単に”使いこなすことのできるトレーディングツールを提供することで、新たな投資家層を取込んでまいります。

■「MARKETSPEED」バージョン7.0の主な新機能
 
「MARKETSPEED」バージョン7.0では、すべての画面からの即時発注を可能とした新発注機能「マーケットスピード ナノ」を搭載いたします。

 
「マーケットスピード ナノ」は、機能を国内株式(現物・信用)の発注機能とリアルタイム株価自動更新に特化したトレーディングツールです。複雑さを感じさせないコンパクトでシンプルなデザインと、初心者の方でも簡単に操作することができる利便性の高いインターフェースを兼ね備えました。

 
また、トレーディングツールとしては初めて「スキン(※1)機能」を採用し、自由にデザインを変更することが可能となりました。(初期設定としてボタン1つで切替えが可能な下図のタテ型・ヨコ型の2種類のスキンをご用意しました。)

お客様それぞれに最適なスタイルへカスタマイズすることで、デスクトップをいままで以上に有効に活用し、さらに快適な投資環境を実現します。

 
「マーケットスピード ナノ」は、マーケットスピードを操作しながら、あるいはマーケットスピードを起動することなく単独でも起動可能です。ログインした状態でタスクバーに常駐させておくことで必要な時にだけ即時に起動し、発注することができるため投資機会を逃がしません。

※1:スキンとは・・・アプリケーションの外見に関する情報を格納したファイル

「マーケットスピード ナノ」の特徴
【1】操作性にこだわり、発注に特化した省スペースのトレーディングツールです。しかも複数起動が可能

【2】パソコンのデスクトップにいつも表示させておき、さまざまなインターネットサイトを見ながらお使いいただけます。

【3】「スキン」機能でツールの外観を自由に変更できます。その日の気分に合わせてデザインチェンジ!

【4】対応商品は国内株式。現物取引のほか、信用取引も可能。「買い(新規)」「売り(返済)」「訂正・取消」に対応

【5】利用料は無料

また、今回のバージョンアップでは、「マーケットスピード ナノ」以外にもマーケットスピードの利用歴の長い方や取引回数の多い個人の方のご要望やご意見を随所に取り入れ、以下の機能を追加します。

「マイページ」機能の改善
・ドラッグアンドドロップによる銘柄変更機能、銘柄一括反映機能などが追加されます。また、インポート、エクスポート機能の搭載により、レイアウトをパソコンに保存することが可能になります。

チャート画面のコメント・アイコン機能
・チャート画面上にお客様のコメント・アイコンを残すことが可能になります。

新高値・新安値の自動更新機能
・楽天証券の独自機能として、新高値・新安値の更新を監視しリアルタイムで表示します。

ザラバ情報5画面の改善
・スーパークイック注文の設定がいままで以上に簡単になります。

立会外・場外情報の改善

東証REIT指数追加

注文約定画面の改善

中間配当落日表示

信用余力詳細情報追加

誤発注未然防止措置

優先市場表示

当社では、「MARKETSPEEDバージョン6.3」より搭載した自動アップデート機能により、これからも機動的に革新的な新機能を追加してまいります。


「MARKETSPEED」とは

「MARKETSPEED」は、ウィンドウズ・パソコンで稼動する楽天証券専用の投資支援ツールで、リアルタイムの株価やさまざまなテクニカル・チャート、四季報などの情報機能や、逆指値注文も可能な発注機能などがオール・イン・ワンに搭載されたソフトウエアです。

現在までの累計ユニークユーザー数約35.8 万人(※2)、当社の日本株の発注シェア約73.9%(※3)を誇り、お客様からの絶大なる支持を受け、成長を続けております。当社では、この「MARKETSPEED」の機能強化を通じた更なる進化により、お客様の投資の利便性を高め、他社との差別化と優位性の確保を図ってまいります。

※2 2007年12月末時点の累計ユニークユーザー数

※3 2007年12月の実績ベース

マーケットスピードver7.0が正式にリリースされたら、また当サイトの記事の中で使用感を報告する予定です。

▼関連記事

楽天証券、マーケットスピード無料利用条件緩和キャンペーン実施

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

楽天証券、マーケットスピード「Ver6.3」 12月15日(土)夜リリース

マーケットスピードVer6.2リリース開始、イブニングセッションに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする