カプコンの株価が年初来高値を更新 みずほが新規レーティング「2」を付与

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月11日、ゲームソフト大手のカプコン 【東証1部:9697】の株価が前日比+150 (+6.34%)の終値2,515円と急騰しました。

向こう数年間にわたり年平均で15%程度の利益成長が期待できるとの見解のもと、みずほ証券が新規に投資判断「2」を付与したからです。

カプコン(9697)が切り返して年初来高値を更新 みずほが新規「2」を付与

ゲーム業界は当たりはずれが大きいため、数年後の業績を予想するのは困難です。カプコンは、全てのハードにソフトを供給することでリスクヘッジを計っていますが、その点をみずほ証券は評価したのでしょう。

※全てのハード・・・ニンテンドーDS、PSP、wii、プレステ2、PS3、xbox360、パソコン、アーケード、ケータイ

なお、カプコンは、xbox向けに「ロストプラネット」と「デッドライジング」、プレイステーションやPSP向けに「モンスターハンター」という人気タイトルを持っています。

あとは、任天堂のハードで大ヒットを出せれば死角がなくなりますが、下記リンク先を見るに、DS向けの逆転裁判4は今のところ約45万本の販売実績で、ミリオンセラーにはなりそうにありません。

Video Game Charts (Wii, PS3, Xbox360, DS, PSP) – Japanese Weekly Chart

今後の発売予定は下記のようになっていますが、DSでミリオンセラーは出るでしょうか。私の予想では来年に持ち越しになりそうです。

  1. ロックマンゼクス アドベント 2007年07月12日予定
  2. ワンタメ うらないチャンネル 2007年08月09日予定
  3. 逆転裁判 3 Best Price! 2007年08月23日予定
  4. 流星のロックマン2(仮) 今冬発売予定

関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする