ジョインベスト証券、逆指値・上下指値・追跡逆指値・連続注文を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョインベスト証券が2008年6月30日に新機能を多数追加すると発表しました。

まず、一番大きな変化としては、株取引に下記の4つの注文方法が追加されます。

















逆指値注文 設定したトリガー価格(注文を執行するための条件となる価格)に到達した時点で、あらかじめ指定した注文単価で注文を執行する方法です。
上下指値注文 株価が「上昇した場合」と「下落した場合」それぞれに対して、トリガー価格を設定することで、株価がいずれかのトリガー価格に到達した時点で注文を執行する方法です。
追跡逆指値注文 上下指値注文と同様に「株価の上昇」「株価の下落」の両方を設定して注文する方法で、片方の条件として目標とする株価に到達した後の「高値からの下落幅」「安値からの上昇幅」を設定することにより機動的な注文を可能とする方法です。
連続注文 連続注文は、売買両方の注文を設定しておくことで、1次注文が約定した時点でその反対となる2次注文を執行する方法です。

今までジョインベスト証券で逆指値注文を使うにはトレーディングツールであるジョインベスト・エクスプレスが必須でした。しかも、ジョインベスト・エクスプレスを起動させておかなければ逆指値が使えませんでした。

6月30日からは、ジョインベスト・エクスプレスを利用しなくても、ウェブサイトからの注文で逆指値が使えるようになり、利便性があがります。

また、逆指値以外にも、下記の新機能が6月30日に追加されます。以下、ジョインベスト証券の発表文とウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

ジョインベスト証券、サービスの大幅バージョンアップと株式手数料の一部改定を発表
~より便利に、より使いやすいサイトへ~

ジョインベスト証券株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:福井正樹)は、2008年6月30日(月)より、同社が提供するサービスおよび取引機能を大幅バージョンアップすると発表した。

また、今回のバージョンアップにあわせて、株式手数料についてもテーブル毎のバランスを見直し、手数料の一部改定を行う。新手数料は同日約定分より適用される。

今回のバージョンアップは、顧客より寄せられた要望や2007年11月に行ったアンケート等の結果をもとに実施。

逆指値注文をはじめとする条件付注文機能を拡充するほか、ログイン前の画面においても、充実した投資情報を提供し、カスタマイズ性を高めるガジェット機能(※5)を搭載するなど、よりユーザーフレンドリーなウェブサイトを構築した。

同社は、2006年5月の開業以来掲げている「より多くの人に、もっと投資の楽しさを」の理念に基づき、より役立つサービスをより充実した環境で提供することで、多様化する投資家ニーズに対応し、さらなる顧客獲得を目指す。

1.バージョンアップの概要
(1)取引機能の追加

 
・逆指値注文を含む、4つの条件付注文機能の追加(※1)

  
1)逆指値注文 2)上下指値注文 3)追跡逆指値注文 4)連続注文

 
・資産状況を容易に把握できる画面を追加(※2)
 
・(信用取引の)余力情報の充実化

(2)豊富な投資情報
 
・ニュースソースの追加(※3)
 
・ログインしなくても閲覧できる情報量の大幅拡大
 
・企業情報と銘柄選定ツールの利便性向上(※4)

(3)サイトの利便性向上
 
・カスタマイズ可能なガジェット機能の搭載(※5)
 
・分かりやすい導線のサイト構成
 
・サポートコンテンツの充実

   ~~~ここまで発表文からの抜粋、以下ウェブサイトからの抜粋~~~

新しくなった機能・画面や、名称変更となる機能



























































新しい機能・画面
取引機能 条件付注文(逆指値注文、連続注文、上下指値注文、追跡逆指値注文)
マーケット情報 株式新聞ニュース
株式 銘柄比較
決算・適時開示情報 ※適時開示情報一覧については7月以降ご利用可能となります。
業績推移
投資信託 投信ニュース
ファンド比較
キーワード検索
FX 政策金利一覧
FX為替レポート(T&Cレポート)
口座情報 資産の評価
資産の推移(CSVデータ出力機能付)
余力情報更新頻度増加(3回/1日)
共通機能 サイト内検索
Q&A検索
ガジェット機能(銘柄登録やファンド登録、メニュー追加が可能なカスタマイズ機能)




















名称が変更となる既存の機能(旧名称/新名称)
銘柄探しナビ かんたん検索
便利な検索

  • スクリーニング
  • 指標トレンドマップ
  • テーマ別ポートフォリオ

スクリーニング

リターンで探す

テーマで探す
アナリスト予測「Cons.(コンセンサス)の窓」 アナリスト予測
話題のNewsで銘柄ポン ニュースで探す

バージョンアップに関するよくあるご質問

Q バージョンアップにあたり、ダウンロードやインストールが必要ですか?

A ダウンロードやインストールは必要ありません。

Q 新しいサイトになったら、今までと取引の方法が変わったりしませんか?

A 基本的に今までのお取引方法に変更はありません。新しい機能として、逆指値をはじめとする「条件付注文」機能がご利用になれます。

Q 推奨環境に変更はありますか?

A 推奨環境はWindowsOSの利用者の多いブラウザに加え、Firefox2.0も追加対応。また、ご要望の多かった、Mac-Safari2.0/3.0にも対応しました。

~~~以上、ジョインベスト証券のウェブサイトからの抜粋~~~

また、ジョインベスト証券は、6月30日から株取引の手数料を改定すると発表しました。詳細については当サイトの関連記事をご覧下さい。

現物取引で150万円以上の高額の注文を出してる個人投資家や、信用取引を行っている個人投資家にとっては残念な手数料改定となっています。せっかく逆指値などの新機能が追加されるのに、もったいない話です。

現物取引で150万円以下の注文しか出さない個人投資家や信用取引を行っていない個人投資家にとっては、新機能追加が追加される6月30日はハッピーな日といえるかもしれません。

なお、6月30日からジョインベスト証券が手数料を改定するので、後日、当サイトの「ネット証券 手数料比較表」というページを更新する予定です。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

ジョインベスト証券、6月30日から株取引の手数料を一部値上げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする