逆指値とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆指値 [読み:ぎゃくさしね]

祐作:先輩、逆指値ってなんですか?

兜:ふむ、逆指値か。まず、普通の指値注文は「~円以下になれば買い」もしくは「~円以上になれば売り」という注文方法だよな。

祐作:そうですね。

兜:逆指値注文はその逆で、「~円以上になれば買い」もしくは「~円以下になれば売り」と言う注文方法だ。

祐作:もう少し具体的に教えてもらえますか?

兜:例えば、1000円の株が「1050円まで上がれば買い」という注文が買いの逆指値注文。1000円の持ち株が「900円まで下げれば、890円で売り」という注文が売りの逆指値注文となる。

祐作:なるほど。では、逆指値注文はなんのために使うのか教えてもらえますか?

兜:逆指値の使い方で一番重宝するのは、「損切り注文」だな。

祐作:損切り注文といいますと?

兜:逆指値を使うと「A株が900円を下回ったら成行売り」といった注文を出すことができる。株価が変動して、900円を下回ると自動的に成行売りの発注が出され、それ以上損失を拡大するリスクを抑えられるんだ。これが逆指値の代表的な使用例だ。

祐作:なるほど。

兜:いわゆるストップロスオーダーという手法だな。ロス(損失)をストップさせるための注文方法ってことさ。取引時間中の株価を見ることができない人には重宝するよね。

祐作:わかりました。ストップロスオーダーの他に、逆指値の使い道はありますか?

兜:他に代表的な使い方としては、「上昇買い」と「利益確定売り」があるね。では、まず上昇買いから説明しようか。

祐作:はい。

兜:上昇買いとは、注目銘柄が以前つけた最高値を抜いたり、ボックス相場を突き抜けて上昇する、いわゆる”相場つきが変わった”ところを逆指値で狙う手法だ。例えば「B株が現在950円で1,000円まで上昇すれば買い」という逆指値注文を出しておく。B株が予定どおり上昇トレンドに乗って1000円まで株価が達したら、自動的にそのトレンドに乗れるわけだな。

祐作:なるほど。では、「利益確定売り」の方について教えてもらえますか?

兜:例えば持ち株が値上がりしている時、「800円で買った銘柄が現在1,000円の最高値をつけている。まだ上がると思うので持続したいが、900円まで値下がりしたら売り」の逆指値注文を出すことで、利益を確定させることができる。また1,200円まで上がれば、逆指値の設定を1,100円という具合に、株価の上昇に合わせて設定値を上げていけば、相場が強い限りは持続し、上昇力が弱まったところで売り注文が出せる。

祐作:なるほど、逆指値とは便利なものですね。全ての証券会社で使えればいいのに。

兜:逆指値機能を導入するとサーバーにかかる負担が増えるんだ。だから、全てのネット証券が逆指値に対応しているわけじゃない。ちなみに、逆指値について、もう少し詳しく知りたかったら、下記リンク先のマネックス証券のウェブサイトを見るといいさ。体験談があってわかりやすいから。

 ・参考リンク 逆指値とは

▼関連記事

逆指値が使える証券会社の一覧

OCO注文とは (株式用語解説)

IFD注文とは

IFDO注文とは 【ライブスター証券による解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする