楽天証券、6月25日からE-mini Nikkei225(Yen)『(日経225ミニ先物(円建))』の取扱いを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が米国のシカゴ・マーカンタイル取引所で取引されている『E-mini Nikkei225(Yen)(日経225ミニ先物(円建))』の取扱いを、 2012年6月25日から開始すると発表しました。

E-mini Nikkei225(Yen)』は、大阪証券取引所に上場する「日経225ミニ」と同じく、日経225先物取引の10分の1で取引できます。

『E-mini Nikkei225(Yen)』と日経225ミニと何が違うかと、取引時間に差があります。以下、取引時間の比較表です。

取引時間
取引所
E-mini Nikkei225(Yen)

月曜から金曜日の午前7:00~翌午前5:15

(冬時間の場合は午前8:00~翌午前6:15・日本時間)

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)
日経225ミニ

月曜から金曜日の「9:00~15:15」と「16:30~翌午前3:00」

※取引終了時の板寄せ前5分間はマッチングを行わず,注文受付のみを行う。

大阪証券取引所

楽天証券における『E-mini Nikkei225(Yen)』の取引手数料ですが、まだ値段については発表がないようです。

(6月22日追記 : 楽天証券のカスタマーサービスセンターに電話で確認したところ、E-mini Nikkei225(Yen)の取引手数料は一枚あたり315円になる予定ということです)

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

海外先物取引 新規銘柄
『E-mini Nikkei225(Yen)(日経225ミニ先物(円建))』の取扱いを開始いたします。

2012年6月25日(月)から、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で取引されている『E-mini Nikkei225(Yen)(日経225ミニ先物(円建))』を、大手ネット証券で初めて取扱いいたします。

『E-mini Nikkei225(Yen)』は、世界最大の先物取引所であるCMEと大阪証券取引所が提携したことで、実現した新しい株価指数先物取引の銘柄で、2012年6月18日(月)から取引が開始されました。

本銘柄は大阪証券取引所に上場する「日経225ミニ」と同じく、日経225先物取引の10分の1で取引できます。

『E-mini Nikkei225(Yen)』は、月曜から金曜日の午前7:00~翌午前5:15(冬時間の場合は午前8:00~翌午前6:15・日本時間)と、大阪証券取引所やSGX(シンガポール証券取引所)よりもさらに長い時間帯でお取引が可能です。

これにより、楽天証券は世界の取引所に上場する日経225平均株価指数先物取引をすべて取扱いいたします。

『E-mini Nikkei225(Yen)』は「日本の取引所より長い時間、日経225miniを取引したい」という個人投資家向けのデリバティブといえるでしょう。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

先物取引とは (金融用語解説)

楽天証券、海外先物取引サービス開始

岡三オンライン証券、日経225先物の手数料半額キャッシュバックキャンペーン実施(上限1万円)

松井証券、「世界リアルタイムチャート(米国版)」の機能改善を実施

カブドットコム証券、CME日経225先物取引のリアルタイムチャートをほぼ24時間提供

松井証券、「CME GLOBEX」のリアルタイム価格とチャート 提供開始

CMEの日経225先物のチャートを見ることができるサイト

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする