松井証券では優待取りのクロス注文機能が標準装備されている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

松井証券が 2021年1月30日から「クロス注文」機能の提供を開始しました。

「クロス注文」機能とは、「現物買・信用売」など相対する2注文を、1画面から一括で発注する機能です。

クロス注文は、株主優待取りのつなぎ売りに活用可能です。

従来のやり方だと、株主優優待取りのつなぎ売りを行うには、寄付前のタイミングで現物買い・信用売りの相対する2つの成行注文を自身で別々に発注する必要があります。

しかし、「優待クロス注文」では、「現物買・信用売」の注文を一画面でまとめて行うことが可能です。指値の現物買い注文と、指値の信用売り注文を同時に発注できます。

また、「現物買・信用売」の組み合わせによる優待クロス注文では「清算予約注文」機能を利用できます。この機能を利用した場合、あらかじめ指定した日付に反対売買となる注文を自動で発注します。

初期設定では、清算予約注文の予約日に、次回の株主優待の権利落日が設定されています。

そのまま発注すると優待クロス取引の手じまいを自動で行うことができて、便利です。
なお、清算予約注文による反対売買の手数料は無料となります。

ただし、このクロス注文ですが、現物株式の買い注文と組み合わせができるのは無期限信用の新規売か短期信用の新規売だけです。制度信用取引の売りを組み合わせることはできません。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

優待取りが一手で完結!「クロス注文」機能提供開始のお知らせ

2021年1月26日

松井証券は、2021年1月30日(土)(予定)より「クロス注文」機能の提供を開始します。

「クロス注文」機能とは、「現物買・信用売」など相対する2注文を1画面から一括で発注する機能です。クロス注文をWEB画面から立会外市場(ToSTNeT)へ発注し、東証の取引時間中にリアルタイムで約定できるサービスは、主要ネット証券で初となります。(※1)

本サービスは優待取りのつなぎ売りや、信用建玉のロールオーバーに活用いただくことが可能です。

サービスのポイント
POINT 1
優待取りのつなぎ売りに活用可能です

POINT 2
東証取引時間中の発注・約定が可能

POINT 3
クロス注文の組み合わせは様々

優待取りのつなぎ売りに活用可能です

優待取りのつなぎ売りを行うには、寄付前のタイミングで買い・売りの相対する2つの成行注文をご自身で別々に発注いただく必要がありましたが、「優待クロス注文」ではこれらの注文をまとめて行うことが可能です。

また、「現物買・信用売」の組み合わせによる優待クロス注文では「清算予約注文」機能をご利用いただけます。本機能を利用いただければ、あらかじめ指定した日付に反対売買となる注文を自動で発注します。

初期設定では、清算予約注文の予約日に、次回の株主優待の権利落日が設定されています。
そのまま発注すると優待クロス取引の手じまいを自動で行うことができて、とても便利です。
なお、清算予約注文による反対売買の手数料は無料となります。

※ 清算予約注文を使用せず、お客様自身で個別に建玉の売却、返済、現渡を行うことも可能です。
その際は、各注文形式に応じた手数料体系が適用されます。

また、本サービスと同時にリリースされる「短期信用取引」では、主に優待銘柄を取扱い対象とします。
短期信用取引とクロス注文機能の組み合わせにより、「優待取りのつなぎ売り」をこれまで以上に多くの銘柄で、より快適に行っていただくことが可能になります。

短期信用取引の詳細は、該当のニュースをご確認ください。

~~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。
     また、2021年6月30日まで口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする