日経平均株価の底値をどうやって当てるか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2月23日(木)、日経平均株価は前日比+314円の16,096円となり、16000円台に回復しました。短期的に見ると、2月20日(月)の15,437円が底値でした。
日経平均株価の底値を当てるのは難しいですね。ただ、底値で株を買いたいのが投資家の心理でしょう。私が底値を読むための参考にしている指標を紹介します。
騰落レシオが70%以下
できれば、60%以下で買い向かうのが望ましい。
なお、2月20日の騰落レシオは77.06%だった。
■松井証券発表の「松井証券の顧客の信用評価損益率※」が-20%以下
できれば、-25%以下で買い向かうのが望ましい
なお、2月20日の評価損益率は-14.902%だった。
※松井証券の顧客が今、「信用取引の買い玉」でどれだけ損をしているか表した数値。松井証券のメルマガで読むことができる。
買い残の損が-20% ~ -25%くらいになると市場の底値が見えてくる。逆に損が0%を越えてくる(つまり投資家が信用買いで儲かっている)と危険信号が出ているといえる。
【日刊株式】ゴールデンクロス銘柄速報メールマガジンを読む。
明確な基準はありませんが、ゴールデンクロス銘柄が少なければ少ないほど、底値が近い傾向があります。逆にゴールデンクロス銘柄が多くなればなるほど、天井が近い。
一つの目安として参考になれば幸いです。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする