東証、システム障害発生で売買停止 関連銘柄は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月1日、東証で全面的なシステム障害が起こりました。前場は全銘柄の現物株式とCBの売買ができませんでした。しかも11:30現在、トラブルの原因が不明とのことです。
以下、東京証券取引所からのリリースです。

午前立会の停止について
2005/11/1
現在株式CB売買システムにおいて障害が発生し10時15分現在、障害復帰の見込みが立たないため、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、午前立会を停止することとします。
今後の状況につきましては追ってご連絡いたします。

さらに、ジャスダックも不調でした。以下、ジャスダックからのリリースです。

○本日の当取引所での注文の処理について
本日、当取引所に多量の注文の訂正・取消が集中している関係により、上場銘柄の注文の取消、訂正及び約定結果の返信に通常以上の時間を要しておりましたが、現時点におきまして当該事象につきましては解消されておりますのでお知らせいたします。
多くの市場関係者にご迷惑をおかけいたしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

さて、東証はやってしまいましたね。前場、暇だったので、システムトラブルに関係しそうな銘柄をピックアップしてみました。
■富士ソフトエービーシ・・・東証コンピュータシステムの親会社
■野村総合研究所(略称:野村総研、NRI)・・・業務の一部として証券システムの開発
■日立システムアンドサービス・・・業務の一部として証券システムの開発
●15:52訂正&追記
本命の銘柄は富士通のようです。
■共同通信の記事より抜粋

11月01日 14時01分
謝罪し東証と交渉する 東証システム納入の富士通
 東京証券取引所のシステム障害で、株式売買システムを納入した富士通の広報IR室は1日、東証が損害賠償を求める可能性を示していることについて「納入したシステムが実際にトラブルを起こして損害が出ており、謝罪しなければいけないと考えている。契約を確認した上で、東証と交渉したい」と話している。

■ロイターの記事より

富士通に責任あるなら、損害賠償請求の可能性も=東証常務
 【東京 1日 ロイター】 東京証券取引所の天野常務は、システム障害に関連し、委託先の富士通<6702.T>への損害賠償請求について、「(システム障害の)原因は、これから検証しなければならないが、(富士通に)責任があるのであれば、そういうこともあるかもしれない」との見解を明らかにした。
2005/11/01 14:26

■参考リンク
・J_Coffeeの株式投資日記 その時、株価はどう動いたか(5) 大商いによる東証システムトラブル

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする