SBI証券、「ロシア株式取引」提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【以下の内容は、2009年11月26日現在の情報です】

SBI証券が11月30日から「ロシア株式取引」の提供を開始すると発表しました。

MICEX取引所(モスクワ銀行間通貨取引所)に上場している銘柄のうち、48銘柄の取引が可能となります。

ロシア株を売買するには、日本円をロシアルーブルに変えなければなりません。

また、ロシア株の発注方法は「電話注文」のみとなっています。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

各 位

株式会社SBI証券

「ロシア株式取引」の提供開始のお知らせ
~2009年11月30日(予定)より大手ネット証券初となるロシア株式の取扱いを開始~

平成21年11月26日

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良)は、2009年11月30日(予定)より、大手ネット証券初となる「ロシア株式取引」の提供を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

このたび当社が提供する「ロシア株式取引」は、MICEX取引所(モスクワ銀行間通貨取引所)に上場している銘柄のうち、代表的な銘柄及び日本での知名度が比較的高い銘柄を中心に当社が選定した48銘柄をお取引いただけます。

銘柄数につきましては、今後お客様のニーズに応じて拡充を図る予定です。また投資情報には、ロシア市場の代表的な指標であるMICEX、MICEX 10、RTSなどのマーケット概況や企業概要、コーポレートアクション、財務情報などの提供を予定しております。

当社はこれまで、顧客中心主義の経営理念のもと「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」の提供に取り組んでまいりました。

2003年8月に米国株式取引を開始したのを皮切りに、2005年3月に中国株式取引、2005年5月に大手ネット証券唯一となる韓国株式取引の提供を開始しております。

また2009年3月には、世界各国の株価指数、株価指数先物、商品、債券先物などに投資できるCFD(Contract for Difference:差金決済取引)を大手ネット証券として他社に先駆けて開始するなど、商品ラインナップを拡充し、「魅力ある投資機会(商品)の提供」に努めてまいりました。

このたびのロシア株式取引の提供開始により、BRICsの一角として今後の高い経済成長が期待されるロシアへの投資機会を提供することが可能となり、ますます高まる個人投資家の皆様のグローバルな投資ニーズにお応えすることができるものと期待しております。

▼ロシア株式取引のサービス概要




















































取引方法

電話注文のみ(インターネットでのご注文は受付しておりません。)

取扱銘柄

MICEX上場の当社選定銘柄(注1)

取扱銘柄一覧はこちら


取引時間

(日本時間)

標準時間 16:30~24:45

サマータイム 15:30~23:45

(現地時間10:30~18:45)

注文受付時間

当社営業日の以下の時間帯



  • 日本時間 11:00~13:00



取引手数料

約定代金の1.2%(税込1.26%)



  • 最低手数料 525ルーブル




  • ※1注文の約定代金に対して手数料が決まります。
  • ※売却益が生じた場合は、現地手数料等(売却益の20%)をいただきます。
  • ※ダイレクトコースの手数料はこちらをご覧ください。
  • ※IFAコースの手数料はこちらをご覧ください。


外国証券取引口座

開設料・管理料

無料

注文の種類

指値のみ(注2)

呼値

銘柄によって異なります。


  • ※詳細はロシア株式取引サイトをご覧ください。




注文有効期限

当日中

取引単位

銘柄によって異なります。


  • ※詳細はロシア株式取引サイトをご覧ください。




決済方法

ロシアルーブルのみ


  • ※ロシア株式取引はロシアルーブルでの完全前受金制となり、 お買付の際は事前に「為替取引(円⇒ロシアルーブル)」を行っていただく必要がございます。


株式の保管

当社の名義で当社の指定する保管機関(“METROPOL” Investment Financial Company Ltd.)に混蔵寄託され、ロシアの法令及び慣行に従って保管されます。

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

SBI証券のロシア株取引サービスですが、電話でしか発注できないのが難点ですね。

今後、インターネットでも発注できるように改善されることを期待します。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする