ニイウスコーの株価がストップ安 粉飾決算か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼2008年4月30日 リンク追加

ニイウスコー、民事再生手続きを申請(倒産)で上場廃止

2月15日、システム開発のニイウス コー【東証2部:2731】の株価が前日比-395 (-18.81%)の終値1,705円と暴落しました。ストップ安です。

同社は2月14日、08年6月期の中間決算発表を延期すると発表しました。「不適切な取引が行われた可能性がある」(ニイウスコー広報)ためです。同社は現在、調査委員会を発足し、監査法人とともに事実関係を調査している最中です。

また、2月15日付けの読売新聞朝刊が「ニイウスコーは取引先との間で存在しない商品を伝票上で売買する『循環取引』を繰り返していた可能性もあり、証券取引等監視委員会も調査に乗り出した」と報じた影響もあり、同社の株価がストップ安となりました。

ニイウス コーですが、昨年10月に東洋経済新報社が報じたところによると、アイ・エックス・アイ(IXI)との架空循環取引に参加していたとのことです。以下、週刊東洋経済のウェブサイトからの抜粋です。

ニイウス乱脈経営 会計疑惑まで浮上 (2)

~~~前略~~~

 実はニイウスの過去の会計処理をめぐっては、ほかにも重大な事実がある。今年2月に強制捜査が入ったアイ・エックス・アイ(IXI)による架空循環取引に参加していたのだ。実体のない架空商品を右から左に流す「スルー取引」を複数の企業間で行うのが架空循環取引だが、それを売上高に計上していれば、不適切な会計処理に当たる。

 IXI事件では、参加企業を仲介するフィクサーがいた。その人物は主に参加企業のリストを資金供給源の東京リースに持ち込んでいたが、その1社がニイウスだった。東京リースが起こした裁判の記録によれば、05年秋からの約1年間で、ニイウスは少なくとも3回は取引に参加している。いずれも東京リースの販売先として登場し、取引額は1回当たり15億~26億円だった。

 ニイウスは1992年に日本アイ・ビー・エム(IBM)と野村総合研究所などの合弁でスタートし、末貞郁夫会長はじめ経営陣の大半をIBM出身者が占めてきた。“毛並みのよさ”は業界でも随一だ。02年4月の上場後、業績は好調ぶりを示し続けた。それを背景に2回の公募増資を実施して133億円を株式市場で調達した。しかし、本誌が9月15日号で指摘した「高級社宅問題」もそうだが、ここにきて噴出した乱脈経営ぶりは看過できない。「名門企業」であるからこそ、投資家に対する背信ともいえる今回の事態を招いた真相について、すべてを語る責務があるのではないだろうか。

IXI社といえば売上の9割が循環取引による水増しであった企業であり、架空取引の王者です。IXIはクソ株ランキング2007年度版で首位になりました。

ニイウスコーは調査委員会を発足し事実関係を調査している最中ですが、いずれIXIとの取引についても発表を行うことになるでしょう。

▼関連記事

循環取引とは 【株式用語解説】

2007年、上場廃止銘柄のまとめ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする