上証50連動型上場投資信託が大証に上場、売買開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトで「中国株連動ETF、大証が上場発表」という記事を配信しました。この記事でもお伝えしていましたが、本日(10月23日)から中国の株価指数に連動するETF「上海株式指数・上証50連動型上場投資信託」の取引が開始されました。このETFの通称は「上証50連動投信」です。

今日は、「上証50連動投信」の上場初日の売買状況についてお報せします。まず、「上証50連動投信」の今日の一日チャートをご覧下さい↓

1309-071023.o.gif

「上証50連動投信」は他のETFと同様に午前9時に取引が始まりましたが、買い注文が殺到したため売買が成立したのは10時10分となりました。初値は70,500円でした。前場はそこから急激に株価が上昇しました。そして、終値は77,700円となっています。

大証の発表によると、「上証50連動投信」は中国の上海証券取引所の主要銘柄の指数「上証50指数」に連動するように、野村アセットマネジメントが管理・運営するETFとなっています。

事前の見込みでは、初日は65000~70000円程度の株価になるであろうと予測されていましたが、個人投資家の買い意欲が強く高値で引けました。今、世界で最も好調な株式市場である中国の関連ETFということで個人投資家から注目を集めた模様です。

関連記事

中国株連動ETF、大証が上場発表

大証、中国株連動ETFを制度信用銘柄に選定

ETFとは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする