クインランドが民事再生申し立て 上場廃止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月19日、Webサイト構築コンサルティングなどを手掛けていたクインランド 【ヘラクレス:2732】の株価が前日比-500円 (-11.57%)の終値3,820円と急落しました。ストップ安です。

10月18日に同社が民事再生手続きの開始を大阪地裁に申し立て、受理されたと発表したからです。以下、ITmediaからの抜粋です。

クインランドが民事再生申し立て 負債203億円

 大証ヘラクレス上場でWebサイト構築コンサルティングなどを手掛けていたクインランド(神戸市)が10月18日、民事再生手続きの開始を大阪地裁に申し立て、受理された。同社によると、負債総額は約203億円。

 大阪証券取引所は同日、11月19日付けで同社の上場を廃止すると発表した。

~~~中略~~~

積極的なM&Aなどで業容拡大を図ってきたが、投資回収が進まず、有利子負債が固定化。資産売却などで財務の健全化を進めていた。今年3月には金融機関を対象に特定調停手続きを申し立てていたが、合理的な弁済計画案を提出できず、自力での事業継続は困難と判断した。

クインランドの経営破綻の噂は、以前から市場でささやかれていたことです。なにしろ素人でも会社四季報を見るだけで、同社の財務状況が極端に悪いことが判る状態でした。

どの辺が悪いかというと、

  1. 自己資本(株主持分)がマイナス
  2. 利益剰余金がマイナス
  3. 有利子負債が総資産に迫るほど巨額
  4. 営業キャッシュフローがマイナス
  5. 2期連続で大幅な赤字

と、財務が火の車なのがまるわかりな状況でした。

ちなみに、ダイヤモンドzaiという雑誌の「最新理論株価&倒産確率データシート」というコーナーに倒産確率が高い銘柄をリストアップした記事があるのですが、クインランドはそこでよくランキング上位に入っていたものです。ZAi最新号の2007年12月号では倒産確率は24.9%となっていました。最近の上場廃止銘柄の中では、経営破たんが予想しやすかった会社といえるでしょう。

関連記事

マキ製作所が民事再生手続開始の申し立て、10月28日で上場廃止

IXIの株価がストップ安、民事再生手続きを申し立て、2月22日に上場廃止

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする