SBI証券がスマートフォンサイトをオープン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月13日、SBI証券が自社のスマートフォンサイトをオープンしました。

「iPhone」や「Android携帯」などのスマホを持っている人は、http://s.sbisec.co.jpにアクセスすることで、スマートフォンサイトを利用することができます。

「スマートフォンサイト」は「パソコン向けサイト」ほど情報量は多くありませんが、軽快に動くのが長所といえるでしょう。

「スマートフォンサイト」の短所ですが、株取引を行うことはできません。スマートフォンで株取引を行いたい人は、「SBI株取引」というアプリが推奨されています。「SBI株取引」について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~

SBI証券のスマートフォンサイトがオープン

SBI_smartphone_muke_site_20120713_01.gif

SBI証券のスマートフォンサイトがついにオープン!

スマートフォンからリアルタイム株価、チャート、株主優待検索、四季報情報など豊富な投資情報が簡単にチェックできます。

また、外出先からでも、スマートフォンから即時入金・出金・振替指示ができるなど、便利な機能も充実!

スマートフォンサイトURL http://s.sbisec.co.jp

スマートフォンアプリと組み合わせて活用すると、更に快適にSBI証券をご利用いただけます。

主な特徴

1 銘柄情報やマーケット情報をスマートフォン用のページで簡単にチェック

国内株式銘柄のリアルタイム株価やチャート、株主優待情報、四季報に加え、マーケット情報やランキング情報など豊富な投資情報を、スマートフォン用の見やすいページで確認できます。

SBI_smartphone_muke_site_20120713_02.gif

充実のマーケット情報が投資のヒントになる

国内の代表的な11種類の指標や5種類の海外指標、13種類の為替レートなどがリアルタイムで閲覧できます。

気になるランキングもチェック

市場ごとの値上がり率/値下がり率をはじめ、出来高や売買代金など、8種類の軸のランキングが揃っています。注目のSBI証券の出来高ランキングも要チェックです。

2 ファンド情報を確認できる、登録できる
SBI証券取扱の全ファンドを簡単に検索でき、基準価額や前日比を確認できます。気になるファンドは登録しておくこともできます。

3 即時入金・出金・振替に対応
すぐに取引したい!という場面で、資金の移動のためだけにパソコンを立ち上げる必要はありません。外出先でもスマートフォンで、スムーズに即時入金・出金・振替が可能です。

機能紹介

国内株式銘柄検索

銘柄名(部分一致可)や銘柄コードから、銘柄を検索することができます。

ヒットした銘柄をタップすることで、検索した銘柄の株価やチャート、株主優待情報、四季報などを閲覧できます。

ファンド検索
SBI証券が取り扱う投資信託を、ファンド名(部分一致可)からでも、委託会社からでも絞り込んで検索することができます。
ヒットしたファンドをタップすることで、ファンドの基準価額や前日比を確認できます

株主優待検索
「必要最低金額」「優待利回り」「優待権利確定月」で株主優待が受けられる銘柄を検索できます。

登録銘柄
国内株式と投資信託を登録しておくことができます。

また、登録リスト名の変更は自由に行うことができるので、気になる銘柄を自在に分別管理できます。
登録銘柄リストは、国内株式と投資信託にそれぞれ「1リスト20銘柄×20リスト」=400銘柄(最大800銘柄)のご登録が可能です。

即時入金・出金・振替
9つの銀行からの即時入金指示が可能です。(ご利用には各銀行のインターネットバンキングサービスのお申し込みが必要です。)

また、出金指示や外国為替保証金取引(FX)口座、先物・オプション取引口座、CFD取引口座への振替指示がスマートフォン上で行えます。

※お取引はスマートフォンアプリをご利用ください。
※追証発生時や不足金発生時のメッセージは表示されません。
※注文や約定状況などはご確認いただけません。

対応OS

iPhone
iPhone OS 4.3以上

Android
Android 2.2以上

サービス概要

国内株式 株価照会(4本値・複数気配(上下8本))/株主優待/株主優待検索/四季報/信用情報(信用残高・貸借取引残高等)
株価チャート 個別銘柄(日中足、日足、週足、月足)
投資信託 基準価額
マーケット情報 国内主要指標/国内株式ランキング/海外主要指標/外国為替/市況コメント
口座管理 保有証券(国内株式・投資信託)/買付余力/信用建余力/信用建玉一覧/リアル委託保証金率/委託保証金/委託保証金率の推移
登録銘柄(国内株式・投資信託) 国内株式と投資信託にそれぞれ「1リスト20銘柄×20リスト」=400銘柄(最大800銘柄)登録可能
入金・出金・振替 即時入金(9行の提携銀行口座からリアルタイム入金が可能)/振込出金(登録金融機関への出金)/各種取引口座への振替(先物・オプション取引(大証・東証)/外国為替保証金取引/CFD口座(株価指数・債券・商品)
その他 「重要なお知らせ」の閲覧

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする