SBI証券、HYPER先物コースを新設 【約半分の証拠金で取引可能】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券が、2015年10月3日から、HYPER先物という新種の日経225先物取引サービスを開始する予定だと発表しました。

HYPER先物では、建玉の返済期限が1セッションに限定される代わりに、通常の日経225先物取引の約50%の証拠金で建玉を建てることができます。

日経225先物取引における1セッションとは、日中取引やナイトセッション(夜間取引)のことです。

例えば、日中取引時間中の13時に玉を建てたとして、その建玉を反対売買せずに放っておくと、通常の日経225先物取引ではナイトセッションにその玉が持ち越されます。しかし、HYPER先物で建玉を放っておくと、日中取引の締めの時間である15時15分に自動的に反対売買が行われ精算されます。

それと同じように、ナイトセッションにおいても、HYPER先物では、建てた玉を放置していると、ナイトセッションの締めの時間である午前3時に、建玉は自動決済されます。

このように、建玉の持ち越しができないという制約がありますが、その代わり少ない証拠金で建玉を建てることができるのがHYPER先物です。

少ない証拠金で建玉を建てることができるので、通常より高いレバレッジでの取引が可能です。

以下、SBI証券における「通常の日経225先物取引」と「HYPER先物」の主な違いを、比較表でまとめてみました。

通常の日経225先物取引 HYPER先物
必要証拠金

SPAN証拠金額×120%

(2015年9月18日時点)

SPAN証拠金額×50%~
返済期限 SQ算出日まで 新規建を行ったセッションの終了時間まで
建玉の上限
普通
多い
ロスカット機能※
なし
あり
取引手数料

取引手数料は通常の日経225先物取引もHYPER先物も同じ

(SBI証券のコールセンターの方に確認済み)

※ロスカット機能については、下記のSBI証券による解説文をご覧ください。以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

■ロスカット機能とは

 HYPER先物をご選択中なら、証拠金に対して損失が一定の割合を上回ったとき、さらなる損失を防ぐため、自動的に決済を行う「ロスカット」機能が働きます。

当社のロスカット機能とは、お客さまの余力状況を一定間隔で審査し、別途算出するロスカット判定証拠金からロスカット基準額を差し引いたロスカット判定余力がマイナスとなった場合に自動的にロスカットを実施する機能です。

ロスカット基準額は、建玉、および発注済の注文分を加味したSPAN証拠金にロスカット率(30%~80%で設定可能)を掛け合わせて算出されます。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、このHYPER先物の類似サービスとしては、松井証券一日先物取引があります。といいますか、松井証券の一日先物取引の方が先駆者です。

また、岡三オンライン証券が2015年10月3日からアクティブ先物取引コースという、HYPER先物と似たようなサービスを開始する予定です。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする