ジェイコム20億男BNF氏とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B・N・F氏(ビーエヌエフ、1978年3月 – )は、株式投資家、株式・商品先物トレーダー。 また2008年から不動産投資家でもある。

B・N・F氏は株式投資家である。元2ちゃんねらーであり、2004年から2005年にかけて、2ちゃんねるに書き込みをしていた当時、2ch内では「神、名人」などと呼ばれていた。

B・N・F氏は2000年10月に164万円の元手で株式投資を始め、スイングトレードと呼ばれる短期取引手法で資産を1万倍以上に増やした。彼の総資産は、2008年12月の時点で200億円以上。これは企業経営を行っていない個人投資家の資産としては異例である。

個人投資家でここまでの資産を築いたこともレアケースだが、BNF氏のように100億以上の資産を持つ個人投資家がメディアに露出することも珍しい。

彼は2004年から2005年にかけて、2チャンネルの株式掲示板では、名が知れた存在だった。「B・N・F ◆mKx8G6UMYQ」の固定ハンドルネームで書き込みを行い、資産が3億円のころは「3億円先生」などと呼ばれていた。しかし、テレビや雑誌には一切出演せず、知る人ぞ知るカリスマトレーダーであった。(◆mKx8G6UMYQはB・N・F 氏の2ちゃんねるID。)

そんなB・N・F 氏が一躍世間の注目を集めることとなったのが、2005年12月に起こった「みずほ証券によるジェイコム株誤発注事件」である。このとき、彼は40億円の資金をジェイコム株に投入し、20億円の利益を上げた。彼が「ジェイコム20億男」と呼ばれる所以である。

ジェイコム株を7100株取得したため、大量保有報告書を財務局に提出することとなり、それがきっかけでB・N・F 氏の連絡先がメディアに知れることとなった。当然、各メディアが時の人B・N・F 氏を放っておくわけもなく、取材が殺到した。

当初、B・N・F 氏は素顔をさらさずテレビに出演したり、「A氏」などといった仮名で雑誌の取材に応えたりしていた。しかし、2006年2月28日、テレビ東京「ガイアの夜明け」 激動!株式市場に素顔で出演。「ジェイコム20億男」がB・N・F 氏であることを明かす。その「莫大な資産、アクティブなトレードスタイル」と「質素な食生活、謙虚な性格」のギャップが視聴者に衝撃を与えた。

ガイアの夜明けに出演以降、2009年までは精力的にテレビ、雑誌の取材に応じていた。

ちなみに、2005年4月を最後に、B・N・F 氏の2ちゃんねるへの書き込みは途絶えている。B・N・F氏の手による株式投資指南本はないため、過去のマスメディアにおけるインタビュー内容と、2ちゃんねるの過去ログは貴重である。

B・N・F氏は2006年12月にトレーディングルームを東京に移した。それまで住んでいた千葉県市川市の住居から引越しをした。東京の住居に家族が同居しているかは明らかにしていない。

また、B・N・F氏は2008年10月中旬に秋葉原駅前のほぼ新築のビルを90億円で一棟買いした

さらに、2011年2月には、AKIBAカルチャーズZONEというビルを購入している。正確な購入金額は不明である。

なお、BNF氏は、2009年12月の「フジテレビ系列 スーパーニュース」のインタビュー以来、マスメディアの取材を受けていない。しかし、ときおり大量保有報告書BNF氏の名前が載ることがあるので、BNF氏が現在も株式トレードを続けていることが伺い知れる。

ただ、BNF氏が現在マスメディアのインタビューに応えることはないので、「BNF氏が結婚して子供をもうけたという噂」については、真偽を確認するすべはない。

※BNFさんに関してさらに詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする