品貸料とは (株式用語解説 信用取引用語)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

品貸料 [読み:しながしりょう]
祐作:先輩、品貸料ってなんですか?
兜:ふむ、品貸料とは、信用買いより空売りの数が多くなり、株不足になったとき発生する「空売りしている人から徴収する貸株料とは別にかかる手数料」のことだな。品貸料は逆日歩とも呼ばれる。
祐作:詳しく教えてもらえますか?
兜:信用取引においては、基本的には証券会社を通じて、証券金融会社が投資資金や株を調達・供給している。そして、ある株について空売りする人が増えて、貸し出す株が足りなくなってしまうと、需給関係を調整するために空売りしている人から徴収するものが品貸料だ。株を借りている売り方は品貸料を支払うことになるけど、株を貸している買い方は品貸料を受け取ることができるんだ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする