マケスピとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マケスピ [読み:まけすぴ] [英語名:Market Speed]

マケスピとは、楽天証券のトレーディングツール「マーケットスピード」の通称です。

マーケットスピードとは、楽天証券の口座を持つユーザーが使える個人投資家向けオンライントレーディングソフトです。

日本株の取引はもちろん、日経225先物取引・FX取引・米国株取引にも対応しています。

完全リアルタイムの株価自動更新機能を備えているので、刻々と変動する株価や気配値をいち早く入手できます。専用ソフトならではの優れた操作性、多彩な機能を備えています。

ロイター・ニュース株式新聞速報ニュースがどんどん配信されてくるのが長所です。つぎに四季報速報日経テレコン21を見ることができるのがいい。あと、「新高値一覧」や「25日移動平均線乖離率」が見られるのもいいですね。

  • 楽天証券の口座開設費・口座維持費は無料です。
  • 「楽天証券のマーケットスピード」は新規に口座を開設後3ケ月間お試し(無料)で使えます。その後も、3ケ月に1回約定すればマーケットスピードは無料で継続できます。

よって、3カ月に一度のペースでシーマのような安い株を売買していけば、費用をほとんどかけずにマーケットスピードを利用していくことができます。

また、楽天証券の口座に30万円以上入金しておけば、マーケットスピードを無料で利用することができます。つまり、30万円以上入金しておけば、取引をしなくてもずっと無料で利用していくことができます。

ちなみに、マケスピは国内最強の個人投資家ジェイコム20億男BNF氏のメイントレーディングソフトです。

あと、マケスピはMSと呼ぶこともあります。(Market Speedを略してMS)

●以下、楽天証券ウェブサイトよりマケスピの無料利用条件についての抜粋

▼無料条件

以下のいずれかの条件を満たすことで、MARKETSPEEDを無料でご利用いただけます。

(1)はじめてのご利用 はじめて利用申請をおこなう
(2)信用取引口座・先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座(※1) いずれかを開設済みのお客様は、申請不要!でご利用可能に!
(3)お預り資産残高30万円以上(前営業日の資産残高)(※2) ご利用申請時点で30万円以上
(4)PTS取引(夜間取引)を申請した場合(※3) PTS申請後3カ月以内にマーケットスピードを利用申請した場合
(5)お取引の約定実績(※4)

ご利用申請時点で過去3カ月以内に、手数料の発生する以下の商品についてお取引(約定)があること。

・国内株式(信用取引を含む)
・先物・オプション取引
・カバードワラント取引
・米国株式
・中国株式

※1 信用取引口座/先物・オプション取引口座/楽天FX取引口座をご開設いただいた状況であれば、常時、マーケットスピードにログインが可能となります。
なお、バージョン7.3以前のマーケットスピードをご利用のお客様におかれましては、マーケットスピード上に、前回利用終了日の日付が表示される場合がありますが、ご利用は可能です。

※2 資産残高は利用申請時の前営業日の資産残高の評価額が基準となります。
資産残高には、「楽天FX(外国為替証拠金取引)」の証拠金、および匿名組合契約の出資金額は含まれません。
 また、資産残高はご入金になった翌営業日朝のメンテナンス終了時(通常午前6:00頃)に確定します。
基準となる資産残高は当社ウェブログイン後、「資産状況」→「資産残高」の【評価額合計ー前日比】をご参照ください。

※3 PTS取引(夜間取引)申請後、3カ月以内にマーケットスピード利用申請が可能なお客様のみ対象です。すでに、取引実績等で自動更新されているお客様やPTS取引(夜間取引)を申請後、3カ月以降に更新を迎えるお客様は、利用料3カ月無料の対象外となります。

※4 手数料が発生しない取引(信用取引の現引注文、現渡注文等)は無料条件としてカウントいたしません。また、楽天FXのお取引(約定)は、無料条件としてカウントいたしません。

▼関連記事

ジェイコム20億男「BNF氏」は楽天証券マーケットスピードを使っている

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする