ワン株とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン株 [読み: わんかぶ]

祐作:先輩、ワン株ってなんですか?

兜:ふむ、ワン株というとマネックス証券の単元未満株取引の商品名だな。

祐作:単元未満株取引?

兜:単元未満株とは、証券取引所で決められた最低取引単位(1単元)に満たない株のことだ。通常、単元未満株(端株)は取引できない。しかし、その単元未満株を取引できるようにした金融商品がワン株だ。

 
任天堂株を例に挙げよう。任天堂株は、通常1単元100株からしか売買できない。ワン株なら、1株から売買できる。任天堂の株価が仮に2万円だとすると、通常は1単元が100株なので買付けに200万円の資金が必要だ。しかし、ワン株なら1株2万円から買うことができる。

祐作:はあ、それは便利ですね。でも、デメリットもあるんじゃないですか?

兜:そのとおり。デメリットは大きくいって3つある。「手数料が高いこと」、「約定の時間帯が限られていること」、「指値が使えず成行注文しかできないこと」だ。

祐作:手数料が高いんですか?

兜:手数料は、株式約定代金×1.05%(最低手数料 52円)となっている。例えば10万円の約定だと1050円だ。

祐作:なるほど。では、「約定の時間帯が限られている」というのはどういうことですか?

兜:注文受付時間及び約定価格が下記のようになっているんだ。

0:00~11:00の注文 発注当日の後場の始値で約定
11:00~15:30 注文できない
15:30~24:00の注文 発注の翌日の後場の始値で約定

つまり、始値でしか売買できないってことだな。価格はこちらから指定することはできない。指値が使えず、成行注文になるってことさ。

祐作:はあ、それは不便ですね。他に注意点はありますか?

兜:ワン株はマネックス証券が指定する銘柄しか売買できないんだ。 ちなみに、ワン株は単元未満株を売買するサービスだから、1単元が1株の銘柄には適用できない。さすがに0.1株とか売買はできないんだ。例を挙げるとヤフー株とか。

祐作:なるほど。では、ワン株はどんな人が買うべき商品なんでしょうか?

兜:まずは予算10万円位で株を始めてみたいって人だろうね。あと、手数料が高くて始値でしか売買ができないから、短期投資家には向かない。長期投資家向きだな。

ちなみにワン株のように単元未満株を売買できるサービスとしては、カブドットコム証券プチ株SBI証券S株があるから、そっちも研究しておくといいさ。

▼関連記事

単元未満株の保有で配当金や株主優待はもらえるか?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする