kabuアプリの使用感について 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には株式、日経225先物取引ができる携帯端末用アプリケーション「kabuアプリ」があります。

このkabuアプリが1月14日からソフトバンクの携帯電話に対応したので、実際に使ってみました。

▼kabuアプリの長所

  1. ユーザーが登録した銘柄の株価情報を一覧で見ることができるカブボード機能がある
  2. 逆指値W指値が使える
  3. リアルタイム株価・気配、一目均衡表、ストキャスティクス、回帰トレンド等のテクニカルチャートを見ることができる
  4. 株式新聞社、モーニングスター社およびトムソン・ロイター社提供のニュースを見ることができる
  5. ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話に対応している
  6. 現物株式の取引信用取引日経225先物取引、日経225オプション取引に対応している

▼kabuアプリの短所

  1. 株価自動更新機能がない ← 最新の株価を確認するには更新ボタンをクリックしなければならない
  2. 板情報が自動更新ではない ← 最新の株価を確認するには更新ボタンをクリックしなければならない

▼実際に使ってみての感想

逆指値やW指値が使えたり、チャートを見ることができたり、ロイターニュースを読むことができるのはいい。

しかし、株価自動更新機能がないのが痛い。リアルタイムの株価を見ることはできるのですが、リアルタイム株価を見るには、自分で更新ボタンを押さないといけません。

放って置いても自動で株価を更新してくれる株速ポケットなどと比べると不便といわざるをえません。

kabuアプリは携帯で株関連のニュースを読むにはよいソフトですが、株価や板情報の自動更新機能がないため短期トレードに使うには厳しいと感じました。

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

楽天証券とカブドットコム証券、iPhone用のトレーディングツールをリリース

「携帯電話向けの株取引・日経225先物取引用トレーディングツール」の記事カテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする