2005年 5大ニュース■第1位:みずほ証券ジェイコム株を誤発注

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■第1位:みずほ証券ジェイコム株を誤発注
12月8日、新規上場を果たしたジェイコムの株式に対して、みずほ証券が61万株の空売りを行った。ジェイコムの総発行株式は14,500株しかなく、想像を絶する「架空の株」を売ったこととなり、買い注文を出した投資家に株券を渡せず異例の「代金決済」で事態を収束することとなった。後に、みずほ証券が誤発注を訂正できなかったのは東証のシステムの不具合だったことが判り、東証の社長は辞任を余儀なくされた。
この事件には度肝を抜かれました。「え、東証って世界3番目の市場だよね。ここは後進国か?」という感じの第一印象でした。
この事件をきっかけに証券会社はどんな数のカラ買いでもカラ売りでもできることが判り、戦慄を覚えましたよ私は。今までIPOの新規上場銘柄で「ロックアップがいついつで、大量の売りが出るから・・・」とか考えてたのはなんだったでしょう。証券会社ならいつでも大量の売りが出せるんじゃないですか。
金融庁が証券会社の見せ玉行為の規制を強化する方針らしいですが、さっさと施行してほしいものです。でないと、個人投資家と機関投資家の立場はアンフェア過ぎます。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする