ジェイコム男BNF氏が買ったビルの家賃収入は年間6億円か? 【2008.10.29発売の夕刊フジより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトで「ジェイコム男BNF氏、秋葉原駅前のビルを90億円で購入」という記事を配信しましたが、BNF氏のビル購入の件ついて、本日、夕刊フジから関連記事が配信されました。

以下、夕刊フジのウェブサイト版である「ZAKZAK」からの抜粋です。

あのジェイコム男、現金でポン!90億ビルオーナーに

世界不況どこ吹く風…

日経平均が7000円を割り込み、もはや大恐慌寸前の株式市場の中、デイトレで200億円超の資金を運用する“ジェイコム男”ことB・N・F氏(30、本名非公表)が、不動産投資に進出していたことが29日、分かった。「株ニート」から「ビルオーナー」へ華麗な転身-。投資家必見のB・N・Fビルディングは、東京・アキバのど真ん中にあった。

 今月16日、不動産再生企業からB・N・F氏に所有権が移転したのは、秋葉原駅徒歩0分の商業ビル「chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)」。同氏は今年4月24日にオープンしたばかりの地下1階地上10階の新築ビルを90億円のキャッシュで購入し、晴れて「ビルオーナー」の肩書を手に入れていた。

~~~中略~~~

 上層階の有名飲食チェーン店長は「3日前、購入者(=B・N・F氏)の代理人を名乗る不動産業者がやってきて、所有権が移った旨聞かされたが、まさか買い主が“あの方”だったとは…」と呆然。「家主とのトラブルが多い個人オーナーになると最初から分かっていれば、入居は絶対なかった」と言い切った。

 別の店長は「(不動産再生会社は一刻も早く売却したかったようですし、お互いの需要が合致したってことでしょう。ただし、アキバ通り魔事件以降、週末のお客が激減してますし、期待したほどの集客はナシ。90億の投資価値があったかどうかはかなり疑問」と話す。

 一方、地元不動産業者は「賃料は坪当たり3-5万円。1棟買いなら単純計算で毎月5000万円前後の家賃収入で、15年前後で回収可能」と解説。「そもそも、利息も担保もゼロの“ニコニコ現金決済”なら、多少の見込み違いも恐るるに足らず。不況時代の投資としては賢明ですが、一般投資家にはまったく参考にならない」と話している。

ZAKZAK 2008/10/29

▼夕刊フジの記事でジェイコム男BNF氏について判ったこと

  • ウェブサイトの写真を見るに、BNF氏は相変わらず楽天証券マーケットスピードを使用している。
  • 2008年10月16日、不動産再生企業からB・N・F氏に所有権が移転した物件は、秋葉原駅徒歩0分の商業ビル「chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)」
  • 記事の中の「不動産再生企業」とはアトリウム 【東証1部:8993】のこと。以下、2008年10月23日付けの日経不動産マーケット情報より抜粋
  • 【売買】秋葉原駅前の築浅商業ビルを個人投資家に売却、アトリウム

    2008/10/23

    アトリウムは2008年10月、JR秋葉原駅前の商業ビル、chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)を個人投資家に売却した。アトリウムは経営基盤の強化を目的に物件売却を進めており、一般事業法人や個人の富裕層などへの営業を強化している。

  • 2008年10月26日、ビル上層階の有名飲食チェーン店長のもとに購入者(=B・N・F氏)の代理人を名乗る不動産業者がやってきて、所有権が移った旨を伝達した。
  • 地元不動産業者は「賃料は坪当たり3-5万円。1棟買いなら単純計算で毎月5000万円前後の家賃収入で、15年前後で回収可能」と解説。

地元不動産業者の解説を信じるなら、BNF氏が購入したビルの年間家賃収入は約6億円ということになるようです。

それにしても、ビルを販売したアトリウム社の営業マンが、どうやってBNF氏とコンタクトを取ったのか気になるところです。

※BNFさんについて詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする