auカブコム証券のプチ株ではPontaポイントが利用できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

auカブコム証券にはプチ株という単元未満株の取引のサービスがあります。

単元未満株とは、証券取引所で決められた最低取引単位(1単元)に満たない株のことです。通常、単元未満株(端株)は取引できません。しかし、その単元未満株を取引できるようにした金融商品がプチ株です。

任天堂の株を例に挙げます。任天堂株は、通常なら1単元100株からしか売買できません。しかし、プチ株なら1株から売買できます。

任天堂の株価が仮に5万円だとすると、通常なら1単元が100株なので買付けに500万円の資金が必要です。しかし、プチ株なら1株5万円から買うことができます。

さて、このプチ株ですが、2021年11月8日から購入代金(買付代金)にPontaポイントが使えるようになっています。Pontaポイントで端株が買えるようになったわけです。

「1Pontaポイント=1円相当」となっているので、例えば1万pontaポイントを持っている人は、1万円分のプチ株が買えることになります(買付手数料は別途必要)。

なお、このプチ株ですが、通常の買付の場合の手数料は、約定代金の0.5%。最低手数料は52円(税込)となっています。

手数料の例です。auカブコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

約定代金
手数料
説明
9,000円 52円(税込) 最低手数料適用
20,000円 110円(税込) 料率0.5%適用
20,001円 110円(税込)
29,999円 163円(税込)
30,000円 163円(税込)

また、同じ銘柄を毎月一定金額ずつ買い付ける「プレミアム積立」でプチ株を買うと、手数料が無料になります。

以下、auカブコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~

プチ株にもPontaポイントが利用できる「ポイント投資」を提供開始
~サービス開始記念キャンペーン開催~

2021年11月5日

auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石月貴史、以下「auカブコム証券」)は、2021年11月8日(月)より、「プチ株ポイント投資サービス」を提供いたします。

現在の「ポイント投資サービス」は投資信託の買付代金として「1 Pontaポイント=1円相当」をご利用いただけるサービスですが、新たに1株から購入できる「プチ株」でもご利用いただけるようになりました。

 ~~中略~~

1.プチ株について

プチ株は上場株式の単元未満株を売買できるサービスです。プチ株は1株数百円と少額からお取引できます。配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されますが、議決権はありません。

2.ポイント投資について

ポイント投資は、当社にau IDをご登録いただくことでPontaポイントを投資信託やプチ株の買付代金にご利用いただけるようになります。特定口座・一般口座・NISA口座(つみたてNISA口座およびジュニアNISA口座は除く)に関わらず、お使いのPCやスマートフォンから買付いただけます。

プチ株「ポイント投資」のサービス概要

サービス概要 プチ株の購入(買付)代金の一部、または、すべてにポイントの利用が可能です。
対象ポイント Pontaポイント
利用単位 1ポイント1円から利用が可能です。
対象銘柄

東証1部・2部・マザーズ、ジャスダック、名証1部・2部・セントレックス市場に上場の株式等


ただし、1単元が1株の銘柄、整理ポスト・監理ポスト銘柄、保管振替非同意銘柄、REIT、その他当社がプチ株の取扱対象外とした銘柄は対象外となります。

対象口座

特定口座・一般口座・NISA口座

※つみたてNISA、ジュニアNISA口座は対象外となります。

対象者

auカブコム証券の口座をお持ちで、au IDを登録されているお客さま

※au IDはauユーザーでなくても取得しご登録いただけます。

ご注意事項 ポイント投資は、必ず「ポイント利用規約」に同意の上ご利用ください。

~~以上、auカブコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

プチ株が向いている人ですが、まずは予算10万円位で株を始めてみたいという初心者です。

また、プチ株のプレミアム積立を使って毎月少しずつ株を買うことで、株の価格変動のリスクを抑えたい人にも向いています。

なお、配当金を出している上場企業の株を、プチ株で買えば株数に応じて配当金はもらえます。

▼関連記事

auカブコム証券、株の現物取引の手数料を改定。さらに一日定額制の手数料を新設。

auカブコム証券が信用取引の手数料を有料化。現物株取引の手数料は一部値下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社5社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする