東証と大証の現物市場が統合。 大証銘柄は東証に移行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月16日に、東京証券取引所と大阪証券取引所が株式市場を統合します。原則、大証に上場している銘柄は、東証上場銘柄に移行します。

しかし、ジャスダック上場銘柄は、そのままジャスダック上場銘柄として存続する予定です。ただ、ジャスダックを管理する会社が、大証から東証に移行します。

また、同日より日経225先物・オプションの銘柄が拡充されます(新たに限月が追加されます)。

東証と大証の株式市場統合に関して、ネット証券各社が、案内ページを作成していますが、楽天証券が作成したページが分かりやすいのでリンクを張っておきます↓

東京証券取引所・大阪証券取引所統合に伴う変更点 – 楽天証券のウェブサイト

なお、7月16日に、日経225先物や日経225miniの銘柄が拡充されるので、後日、当サイトの下記の二つの記事を更新する予定です。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする