マーケットライダープレミアムがバージョンアップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券には、マーケットライダープレミアム(通称MRP※)というトレーディングツールがあります。

(MRP=Market Rider Premiumの略)

3月18日、マネックス証券がマーケットライダープレミアムをバージョンアップしたと発表しました。新しいバージョンでは、日経225先物取引のイブニング・セッション対応を充実させたほか、銘柄登録リストの拡充等、使い勝手が向上したとのことです。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

マーケットライダープレミアム」がバージョンアップしました

売買注文および注文・約定照会、残高照会機能を搭載したトレーディングツール『マーケットライダープレミアム』がバージョンアップしました。

新しいバージョン(Ver2.10)では、大証・株価指数先物・オプション取引のイブニング・セッション対応を充実させたほか、銘柄登録リストの拡充等、使い勝手がますます向上しています。

バージョンアップ時は、通常通りプレミアムウェブ契約状況画面から『マーケットライダープレミアム』を起動すると、初回起動時と同様の操作が必要になる場合があります。
なお、ご登録の銘柄、レイアウト等は引き続きご利用いただけます。

 (お申込みはログイン後「口座管理」メニューの「プレミアムウェブ申込」から。)

まだ『マーケットライダープレミアム』を使用したことのない方は、1ヶ月間無料利用できるお試し申込もできますので、まずはお試し申込みで一歩先を行くトレーディングツール『マーケットライダープレミアム』を体験してください。

新バージョン(Ver2.10)の主な変更点













大証・株価指数

先物・オプション取引
銘柄コードを一部変更(イブニング・セッション:現行の銘柄コード + /OE、日通し:現行の銘柄コード + /O)したほか、銘柄検索、オプションビューなどでイブニング・セッションへの対応を充実させました。
銘柄登録リスト 「売買代金」表示、銘柄登録シートを追加しました。銘柄登録リストはシート数40、登録可能銘柄2,000と倍増しました。
先物リスト 先物リストの簡易登録機能にて、一覧のグループ名を指定するとグループの銘柄をまとめて先物リストに登録できるようになりました。

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、マーケットライダープレミアムは1ヶ月間無料利用できるお試し申込ができます。

お試し申込をするには、まずマネックス証券の口座にログインし、ログイン後のトップ画面の左上のほうにある「口座管理・残高照会」の部分をクリックします。そして、「プレミアムウェブ申込」をクリックします。すると、マーケットライダープレミアムのお試し申込のボタンが見えてくるので、ここから申込をすることになります。

マーケットライダープレミアムに興味がある方は、試しに使ってみればよいのではないでしょうか。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする