月額7円で携帯が持てる「スパボ一括9800円の携帯」を買いました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、当サイトで「月額7円で携帯が持てる「スパボ一括9800円」は都会のみか・・」という記事を配信しました。

私、10月20日に大阪に行く機会がありまして、梅田のヨドバシカメラで「スパボ一括9800円の携帯電話」を購入しましたのでリポートします。

そもそも「スパボ一括9800円の携帯電話」ってなに?

「スパボ一括9800円携帯」とは、スーパーボーナスの一括払い9800円でソフトバンクの携帯を買うと2年間、月間基本料金7円で利用することができるという、無茶苦茶な販売価格のことを指します。

詳細については、下記リンク先の日経の記事をご覧下さい↓

月額7円で携帯が持てる「スパボ一括9800円」が生まれたワケ

「スパボ一括9800円携帯」の値段の仕組みについては上記の記事を読んでもらうとして、私の記事では「スパボ一括9800円携帯」に関するQ&Aを書いてみます↓

▼スパボ一括9800円携帯に関するQ&A

  1. どこで買えるの?

    日々変わるので、2ちゃんねるを使って探すしかない。

  2. いつ買えるの?

    店によってまちまちでなんともいえない。ただ、金曜日土曜日などの週末は狙い目。土曜日が一番スパボ一括携帯に出会う可能性が高い。詳細については2ちゃんねるのスパボ一括の販売情報交換スレッドを見ることをおすすめ↓

    〓SoftBank 新スーパーボーナス一括購入専用スレ 53

    スレッドの消化が早いので、このスレッドが終了したら、2chトップページの検索窓で「スパボ一括」を入力し検索すればいい。

  3. スパボ一括9800円携帯はどんなメリットがあるの?

    ■とにかく安い。最初に9800円払ってしまえば、3ヶ月目~26ヶ月目までソフトバンクから980円の補填がはいります。例えばホワイトプランのみなら「ホワイトプラン月額980円+ユニバーサル料金月額7円」-「ソフトバンクからの補填・月額980円」で、月額基本料が7円になる(24ヶ月間)。

    さらにホワイトプランに980円を追加してWホワイトにすれば、通話料が10.5円/30秒となり安価に通話することができる。

    ■契約に特に縛りはなく、いつでも解約できる。

  4. スパボ一括9800円携帯はどんなデメリットがあるの?

    販売されている機種の種類が少ない。そして、型落ちの機種が多い。そのため、ワンセグなど最新の機能が搭載された機種を手に入れることは難しい。

    あと、最初の2ヶ月間はソフトバンクモバイルからの980円の補填がない。

  5. なんでそんなに安いの?

    一言でいうと在庫処分価格だから。詳細については下記リンク先の記事を見てみて下さい。

    [コラム] スーパーボーナス一括9800円セールのカラクリ

私がなぜソフトバンクのスパボ一括9800円携帯を買ったかというと、ウィルコムのPHSとソフトバンクの携帯を併用するためです。俗にいう、ダブルホールダーとか二刀流ってやつですね。普段はソフトバンクの携帯で通話をしつつ、メール無料のウィルコム定額プランでEメールをするつもりです。ウィルコム定額プランなので、ウィルコム同士だと電話代も無料です。

こんな感じで、けっこう二刀流の組み合わせを考えるのは面白いものですよ。

  • 電話は通話料の安いソフトバンクのWホワイト + ネットは通信速度の速い「ドコモのFOMAハイスピード端末」
  • とか

  • 普段の電話は通話料の安いソフトバンクのWホワイト + ソフトバンクがエリア外のときだけ、エリアの広いauを使う

など、色んな組み合わせが考えられます。

また、二刀流をしていると、片方の端末の電池が切れてももう片方が使えるというメリットがあります。デメリットとしては、持ち歩く携帯が二台になるので、携帯を紛失するリスクが一台のときより高くなります。

ちなみに、私が大阪駅近くの梅田ヨドバシ店で買ったスパボ一括携帯は、ノキアの702NKIIという機種です。ボーダフォン時代に発売された型遅れの機種ですが、通話をするにはこれで十分だなと感じています。

▼関連カテゴリ

ソフトバンク関連ニュース

携帯電話・PHS加入者数ランキング

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする