アーバンコーポレーションの株価がストップ高 → 不動産関連銘柄が連れ高

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

5月18日、アーバンコーポレーションの株価が前日比+200円(+19.67%)のストップ高になりました。
同社が業績下方修正を発表し、悪材料の出尽くし感が出たためです。
房園博行社長の「売買取引は適法で、トーマツからSPCを活用した流動化事業は適正との見解を得ている」という主張が株価にプラスとなりました。
今日は、アーバンコーポレーションの株価のストップ高にともない、他の不動産関連銘柄の株価が連れ高しました。では、アーバンを含む不動産関連銘柄のチャートを見てみましょう。
以下、一日チャート集です。(アーバン、アセットマネジャーズ、ダヴィンチアドバイザーズ、ケネディクス、クリード)
■5月18日の一日チャート(分足)
アーバンコーポレーション
8868-060518maketick.png
アセット・マネジャーズ
2337-060518.j.gif
ダヴィンチ・アドバイザーズ
4314-060518.j.gif
ケネディクス
4321-060518.t.gif
クリード
8888-060518.t.gif
不動産関連銘柄はここ最近、アーバンコーポレーションの株価の下げに連れ安し、大幅に値を下げていました。今日はその逆の現象が起こった格好です。
こういった値動きを見ていると、短期投資家にとって「連れ高、連れ安」という概念がいかに重要か判ってきますね。
■当サイト関連記事
ガイアの夜明け出演ジェイコム20億男BNF氏の順張りスイングトレード手法
関連銘柄特集ページ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする