ジェイコム男BNF氏、サブプライムショックのブラックフライデーは静観 【2007.8.30の日経金融新聞より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月30日、日経金融新聞にジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が載りました。記事のタイトルはサブプライムショック、未体験の急落に震撼(ザコジン)となっています。以下、日経金融新聞からの抜粋です。

サブプライムショック、未体験の急落に震撼(ザコジン) 2007/08/30, 日経金融新聞, 1ページ

 信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した信用収縮懸念が日本の株式相場を揺さぶっている。十七日に日経平均株価は前日比八七四円安と七年四カ月ぶりの下げ幅を記録、二十九日も米株安を受けて二七四円安と急落した。大量の追い証も発生したといわれるなか、かつて経験したことのないような相場の急変局面で個人投資家はどう動いたのか。その実像に迫った。

~~~中略~~~

 同じころ(十七日の午後二時過ぎ)、〇五年のジェイコム株の誤発注事件で二十億円を稼いだKさん(29)の心も揺れていた。商社、鉄鋼、自動車――。朝方から好業績銘柄も割安株も売りたたかれる値動きに違和感を覚え、すぐに保有株を売却。利益を確定して損失を最小限に抑えた。数十億円を一瞬で動かすKさんも、大引け前の「株価崩落」を目の当たりにしてギリギリまで迷った。買いに動くか、静観するか。〇一―〇二年の下げ相場でも見たことがない下落。結局、買い向かわずに大引けを迎えた。

 その六時間後、米連邦準備理事会(FRB)は公定歩合引き下げを発表。週明け二十日の日経平均は急反発した。Kさんは「買っていたら利益は五億円。時間と勇気が足りなかった。今年最大のミス」と悔しさをにじませる。

さすがのBNF氏も8月17日の暴落相場では買い向わなかったとのことです。

それにしても、今年最大のミスが実際の損失ではなく「5億円の機会損失」なのですから、BNF氏は本当にミスが少ないのでしょうね。資産が順調に伸びるわけです。

ちなみに、日経金融新聞の記事をインターネット経由で読む方法については、当サイトの「日経金融新聞の記事を無料で読む方法」という記事をご覧ください。

▼BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする