ジェイコム男BNFさん動画特集その15 BNF氏のトレード環境 【2007.4.30 日本テレビ「20年大河バラエティ!」より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNFさん動画特集その15です。今回紹介するのは、BNFさんが2007年4月30日に日本テレビ系列の特番「20年大河バラエティ! 目からウロコ…1986年バブル経済から2007年 超近現代史!」に出演したときの動画です。

YouTubeにこの番組の動画がアップロードされていましたので、リンクを張っておきます↓

【B・N・F】ネット社会の20年 16分で20億稼いだ男(2007.04.30)

・ニコニコ動画が好きな方はこちら↓

【B・N・F】ネット社会の20年 16分で20億稼いだ男(2007.04.30)・・・YouTubeにあるものと同じ動画ですが、番組の最後が切れてます。

▼BNF氏のトレード環境について

  1. BNF氏は、いつもどおり楽天証券マーケットスピードを使っている。液晶モニターに「黒をバックに赤や黄色の文字」が映し出されているが、これがマーケットスピードの画面。
  2. 液晶ディスプレイは全部で5台。机の上にまず3台置いている。また、机の上にスチールシェルフ(スチールラック)を置き、その上にディスプレイを2台置いている。基本的には全てのモニターにマーケットスピードを映している模様。
  3. 正面に置いてあるモニターは、三菱製の19インチ型液晶ディスプレイMitsubishi Display Monitors | RDT197V(BK)である。他の液晶4台もおそらく19インチ型。
  4. 左側に机を置き、その机の上にノートパソコンを1台置いている。ノートパソコンの画面にもマーケットスピードを映している。
  5. 取引時間中、外国市場の動きも観察している。リアルタイム世界の株価指数と為替というウェブサイトを見て、韓国株、シンガポール株、中国株などの値動きを観察している。中でも中国株が一番重要と述べていた(当時は中国市場の値動きが日本市場に大きな影響を与えていた)。
  6. キーボードは5台。マウスはおそらく4個。
  7. パソコン本体は机の下に置いている。
  8. 机の上に電波時計を置いている。電波時計のメーカーはSEIKO。
  9. 取材当日BNF氏がマケスピで観察していた銘柄・・・楽天、新日鉄、住友金属工業、神戸製鋼所、日立、富士通
  10. 取材当日、NTTドコモ歩み値(あゆみね)を観察していた模様。

▼その他、この番組を見て、BNF氏について判ったこと

  1. BNF氏は番組内で、ジェイコム株大量誤発注事件の際、「ジェイコム株の取引でわずか16分の間に20億円儲けたジェイコム男」と紹介されている。
  2. 2007年4月時点での資産は165億円
  3. 注文は基本的に指値。
  4. 取材当日、200件の売買が成立
  5. 取材当日、100億円ぐらい売買して約3000万円の利益
  6. 楽天証券の手数料体系は「ワンショットコース」を選択している。
  7. 取材当日の昼食はカップうどん。ブランドは日清食品の「どん兵衛きつねうどん」。
  8. トレーディングルームは、都内某高級住宅街のマンションにある。
  9. マンションには20畳分のリビングあり。マンションの窓からは東京タワーやレインボーブリッジが一望できる。

▼BNFさん語録

B・N・F氏:(リアルタイム世界の株価指数と為替を見ながら、)日本の場中(取引時間中)でも韓国の株価がとかシンガポールの株価とか、あ、中国株いちばん見ていかなきゃいけないんで。

~~~場面転換、昼食風景へ~~~

B・N・F氏:(どんべいを食べながら、)昼飯は早く簡単に食べられるのがいいんですよね。あんまりお腹いっぱいになり過ぎるのも好きじゃないんで。株取引に集中できなくなっちゃうとイヤなんで。

~~~場面転換~~~

B・N・F氏:今日は100億円くらい売買して3000万円くらいの利益です。

記者:儲けは何に遣いますか?

B・N・F氏:お金はほとんど、家買ったくらいで他には使ってないです。お金使って何か欲しいとかそういうものは余りないんで。

記者:株をしていないときの過ごし方は?

B・N・F氏:まあ、ひきこもってることが多いんで、ネットやったり、うーん、テレビ見たりマンガ見たりとか。

※BNFさんに関してさらに詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする